信夫恕軒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しのぶ じょけん
信夫 恕軒
Shinobu Zyoken.JPG
生誕 1835年5月31日
江戸芝金杉(現・東京都港区
死没 1910年12月11日
東京府東京市小石川区小日向武島町
(現・東京都文京区水道
職業 漢学者

信夫 恕軒(しのぶ じょけん、天保6年5月5日1835年5月31日) - 明治43年(1910年12月11日)は日本漢学者東京大学講師。名は粲(あきら)[1]、字は文則。号は恕軒、天倪(てんげい)。

国際法学者の信夫淳平の父。信夫韓一郎(新聞記者、元朝日新聞専務)、信夫清三郎(政治学者、名古屋大名誉教授)の祖父。

経歴[編集]

鳥取藩医・信夫正淳の子[1]江戸芝金杉(現東京都港区)の藩邸に生まれる[1]。信夫家は代々因州鳥取池田藩の侍医だった[2]。兄尚貞[3]藩医として五人扶持三十俵をうけていた[4]

二歳のときに父を亡くす[2]。家庭生活には恵まれず、衣食も欠乏するほどであったが、幼少のころから学問を好み作文に長じ、飢えや寒さにひるむことなく学業にはげんだ[2]海保漁村芳野金陵大槻磐渓に就いて経史、文辞を修めた[4]

医術を誰に学んだかわからないが、学成って初め下野の真岡(栃木県真岡市)に流寓し、北総を経て平塚村(茨城県結城郡)に寄寓しており、その頃が恕軒の三十才前後だと言われている[4]

明治になって東京の江東本所(現墨田区)で奇文欣賞堂という塾を開いて、漢学を教えた[1]

東京大学より招かれて講師となる。その後、三重県立中学校教官、和歌山県の中学校教官を経て東京に戻り、小石川武島町(現文京区)に住んだ[1]明治43年(1910年)12月11日、中風のため小石川区小日向武島町の自宅で死去[5][6]。東京・谷中墓地に葬られる。

人物像[編集]

性格は偏狭で短気であった[1]

毀誉褒貶の多い人だけに友人は少なく、終生の友として成島柳北の名があげられる[4]

才気横溢かつ雄弁であり、赤穂浪士の講話を得意とし聴衆の中には泣き出すものがいるくらいであった。人となりは傲岸、「よく人を罵る」と師の一人である羽倉簡堂に評されている。友人だった依田学海は「気性が磊落で飾るところがない」と評する。

著書[編集]

  • 『恕軒文鈔』[1]
  • 『恕軒詩鈔』[1]
  • 『恕軒漫筆』[1]
  • 『赤穂誠忠録』[1]
  • 『養蚕新論』
  • 『恕軒遺稿』
  • 『漢訳文則』

史料[編集]

  • 信夫恕軒 - 自撰墓碑銘
は文則、は恕軒、晩に天倪(てんげい)と更(あらた)む[7]信夫、世々因幡守池田候に仕ふ[7]。其の家世を詳(つまびら)かにせず[7]
天保六年某月某日、江戸邸に生る[7]。二才にして怙恃(こじ)[8]を喪(うしな)ひ又雁行(がんこう)無し[9][7]。幼にして学を好み、作文に長ず[7]。狷直(けんちょく)[10]にして世に容(い)れられず[7]明治中興、三たび仕へて三たび罷(や)め、家処して[11]教授す[7]。一世知己(ちき)に遇はず[7]。千載豈(あ)に不朽を保たんや[7]。然れども、其の守節に至りては、不屈なり[12]。則ち諸(これ)を鬼神に質(ただ)すとも疑はざるなり[12]。乃ち石を買いて自ら碑して日く[12]
貌(かほ)は陋(ろう)にして性は介[13][12]。屯如たり邅如たり[14][12]。世の清議を犯し[15]、郷曲[16]の誉を欠く[12]。寸心千古、白(むなし)く蠧魚(とぎょ)を看る[12]
人用ひずと雖も、天其れ諸(これ)を舎(す)てんや[12]。窮まり愁へて以て死す[12]。噫(ああ)、命なるかな[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『鳥取県大百科事典』407頁
  2. ^ a b c 『新聞人 信夫韓一郎』6頁
  3. ^ 自撰碑文に「雁行なし」とあって兄弟はないとされているが、漢学者伝記集成には尚貞の弟となっていて詳かでない(『因伯杏林碑誌集釈』213頁)
  4. ^ a b c d 森納著『因伯の医師たち』 361頁
  5. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)14頁
  6. ^ 新聞集成明治編年史. 第十四卷』p.339
  7. ^ a b c d e f g h i j 『因伯杏林碑誌集釈』211頁
  8. ^ 怙恃=ともにたよる、あてにするの意で、怙は父を、恃は母を言う(『因伯杏林碑誌集釈』212頁)
  9. ^ 順序正しく飛ぶのことより、兄弟をたとえる(『因伯杏林碑誌集釈』212頁)
  10. ^ 短気でまっすぐな気性(『因伯杏林碑誌集釈』212頁)
  11. ^ 外に出て勤めず、家にいて(『因伯杏林碑誌集釈』212頁)
  12. ^ a b c d e f g h i j 『因伯杏林碑誌集釈』212頁
  13. ^ 狷介であること。妥協することのない性格(『因伯杏林碑誌集釈』212頁)
  14. ^ 行きなやむさま(『因伯杏林碑誌集釈』212頁)
  15. ^ 世俗を忘れた清らかな議論。主として老荘の議論を言う(『因伯杏林碑誌集釈』212頁)
  16. ^ 郷曲=故郷(『因伯杏林碑誌集釈』212頁)

参考文献[編集]

  • 森銑三『落葉籠』上(中公文庫、2009年) ISBN 978-4-12-205155-3
  • 森銑三『新編 明治人物夜話』(岩波文庫、2001年) ISBN 978-4-00-311533-6
  • 森銑三『史伝閑歩』(中公文庫、1989年) ISBN 978-4-12-201582-1
  • 森納、安藤文雄『因伯杏林碑誌集釈』1983年、211-213頁
  • 『鳥取県大百科事典』(編集・新日本海新聞社鳥取県大百科事典編集委員会)1984年 407頁