佛山寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佛山寺
山門
所在地 大分県由布市湯布院町川上1879
位置 北緯33度15分49秒
東経131度22分12秒
山号 龍峩山
宗派 臨済宗
本尊 由布霊山観音
創建年 康保年間(964年~968年)
開基 性空
別称 仏山寺
法人番号 8320005002183
テンプレートを表示

佛山寺(ぶっさんじ)は、大分県由布市湯布院町にある臨済宗妙心寺派の寺院である。山号は龍莪山。 由布岳信仰の拠点であった。

本尊[編集]

石造の由布霊山観世音菩薩で、天台宗性空が彫ったとされる。秘仏で、33年に一度開帳される。

歴史[編集]

康保年間(964年968年)、性空が由布岳の山腹で読経すると鳴動する岩があり、その岩で観音像を造り祀ったのが始まりと伝えられる。 以来、由布岳信仰の本拠地として数十ヵ寺の末寺を有したが、文禄5年(1596年)の慶長豊後地震で倒壊。山麓の当地で再興、臨済宗の禅寺となった。

本堂・伽藍[編集]

祭事・年中行事[編集]

  • 7月18日:嶽まつり

交通[編集]

外部リンク[編集]