佐野吉宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐野 吉宗
Yoshimune Sano
Sano yoshimune.jpg
引退
ポジション(現役時) フォワードセンター
身長(現役時) 202cm  (6 ft 8 in)[1]
体重(現役時) 94kg (207 lb)[1]
基本情報
ラテン文字 Yoshimune Sano
誕生日 (1979-04-30) 1979年4月30日(37歳)
日本の旗 日本
出身地 静岡県富士宮市
ドラフト  
選手経歴
2002-2006
2006-2007
2007-2008
2008-2009
2010
2011
2011-2014
2014-2015
トヨタ自動車アルバルク
日立サンロッカーズ
レラカムイ北海道
イカイレッドチンプス
EDGE・1
浜松・東三河フェニックス
秋田ノーザンハピネッツ
ライジング福岡

佐野 吉宗(さの よしむね、1979年4月30日 - )は、日本のバスケットボール選手である。旧姓、加藤(かとう)[2]。ポジションはフォワードセンター沼津学園高校日本大学を経て2002年にトヨタ自動車アルバルクに入団。以後日立サンロッカーズレラカムイ北海道やクラブチームを経て2011年にはbjリーグ浜松・東三河フェニックスと契約した。その後は秋田ノーザンハピネッツライジング福岡とbjリーグのチームでプレイし、2014-15シーズン終了後に引退した。

来歴[編集]

静岡県富士宮市出身。沼津学園高校で全国大会を経験し、日本大学に進学。2001年には北京ユニバーシアード代表に選出される[2]

卒業後の2002年トヨタ自動車アルバルクに入団[2]。同年には全日本代表に選ばれたが、怪我のため辞退した[2]

2006年日立サンロッカーズへ移籍[2]。2007年、JBLに新規参入となるレラカムイ北海道へ移籍[2]。レラカムイ退団後は実業団のイカイレッドチンプス、クラブチームのEDGE・1に所属[2]

2010年12月に浜松・東三河フェニックスの練習生となり[2]、翌2011年の1月に選手契約を締結[3]。その後、フェニックスのヘッドコーチであった中村和雄秋田ノーザンハピネッツへ移籍するにあたって佐野を秋田に勧誘し[4]、結果、金銭トレードによって秋田に移籍した[5][6]2013-14シーズン終了後、佐野と秋田との契約は更新されず退団、佐野はライジング福岡と契約した[7]。2014-15シーズン終了後、自身のフェイスブックにて引退を表明。引退後は故郷の静岡県でバスケットボール教室を運営している。

脚注[編集]

  1. ^ a b 選手プロフィール”. 秋田ノーザンハピネッツ. 2013年2月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h “練習生受け入れのお知らせ” (プレスリリース), 浜松・東三河フェニックス, (2010年12月10日), http://www.bj-phoenix.com/blog/?p=4415 2013年2月5日閲覧。 
  3. ^ “佐野吉宗選手 選手契約(新規)締結のお知らせ” (プレスリリース), 浜松・東三河フェニックス, (2011年1月8日), http://www.bj-phoenix.com/blog/?p=4655 2013年2月5日閲覧。 
  4. ^ 高橋正和. “Go!ハピネッツ 秋田バスケ応援宣言”. 秋田朝日放送. 2013年2月5日閲覧。
  5. ^ “佐野吉宗選手移籍(トレード)のお知らせ” (プレスリリース), 浜松・東三河フェニックス, (2011年7月6日), http://www.bj-phoenix.com/blog/?p=6743 2013年2月5日閲覧。 
  6. ^ “佐野吉宗選手移籍(トレード)のお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2011年7月6日), http://www.plus-blog.sportsnavi.com/akitapro/article/683 2013年2月5日閲覧。 
  7. ^ “2014-2015シーズン選手契約基本合意のお知らせ” (プレスリリース), ライジング福岡, (2014年8月22日), http://rizing-fukuoka.com/news/team/20140822_16734.html 2014年8月22日閲覧。 

外部リンク[編集]