佐藤恒雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 恒雄(さとう つねお、1941年2月 - )は、国文学者香川大学名誉教授、広島女学院大学教授。

来歴[編集]

愛媛県四国中央市出身[1]。1965年東京教育大学国文科卒、1971年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学、香川大学助手、教育学部講師、1973年助教授、日本古典文学会賞受賞、1981年教授、1990年高松市文化奨励賞受賞、2004年香川大学定年退職、名誉教授。2002年『藤原定家研究』で角川源義賞受賞、04年同書で筑波大学文学博士、05年広島女学院大学文学部教授。2011年日本学士院賞受賞。

2003年3月 筑波大学 文学博士。論文の題は「藤原定家研究 」[2]

著書[編集]

編著[編集]

  • 『中世文学の世界』稲田利徳三村晃功共編 世界思想社 1984
  • 『日本の文学 新古今和歌集』(校注)ほるぷ出版 1986年
  • 『新古今和歌集・山家集・金槐和歌集』馬場あき子共著 1990年 (新潮古典文学アルバム)
  • 『藤原為家全歌集』風間書房 2002年

参考[編集]

  • 『藤原為家研究』の著者紹介とJ-global

脚注[編集]

  1. ^ 日本学士院賞授賞の決定について
  2. ^ 博士論文書誌データベース