佐藤庄太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤庄太郎
さとう しょうたろう
生年月日 1870年3月11日
出生地 日本の旗 日本 陸奥国磐城郡泉崎村
(現福島県いわき市平泉崎)
没年月日 (1954-04-29) 1954年4月29日(84歳没)
出身校 平中学校中退
前職 農業
酒造業
所属政党 立憲政友会
配偶者 佐藤ノブ

選挙区 福島県第3選挙区
当選回数 1回
在任期間 1932年2月 - 1936年1月21日

当選回数 2回
在任期間 1936年 - 1946年


Emblem of Taira, Fukushima.svg 平町会議員

石城郡会議員

その他の職歴
神谷村会議員
( - )
テンプレートを表示

佐藤 庄太郎(さとう しょうたろう、1870年3月11日(明治3年2月10日[1][2][3])- 1954年昭和29年)4月29日[4][5])は、明治後期から昭和前期の農業経営者、実業家政治家衆議院議員福島県石城郡神谷村長。旧姓・渡辺、横山。

経歴[編集]

陸奥国磐城郡泉崎村(福島県[4]石城郡草野村[1][6]泉崎[3][5]平市を経て現いわき市平泉崎)で、庄屋[3]・渡辺市重郎の三男として生まれる[2][7]。同郡大野村の横山家の養子となるが[3]、事情により1884年(明治17年)同郡神谷村[1]大字中神谷[3]平市を経て現いわき市中神谷)の農業、酒造業[3]・佐藤昌三郎の養子となる[1][2]。大野小学校を経て神谷小学校を卒業[1]。平中学校に進むが、同校が郡山中学校と合併して廃校となり中退[1][3][注釈 1]。同郡平窪村、室直養の培根塾に入り漢学を学んだ[3]。1898年(明治31年)家督を相続し[7]、家業の農業、酒造業を営む[4][6][7]

18歳で自由民権運動に加わり[5]、24歳で神谷村会議員に選出された[1][3][4][7]。石城郡連合組合町村会議員、石城郡会議員、平町会議員などを務めた[1][3][4][5][6][7]。1915年(大正4年)福島県会議員に選出され[5]、同県政調査会特別委員会長にも在任[4]。また、立憲政友会福島支部常任幹事、同支部幹事長、政友会本部党務委員なども歴任した[1][3]。1932年(昭和7年)2月、第18回衆議院議員総選挙(福島県第3区、立憲政友会公認)で当選し[5][7][8]、衆議院議員に1期在任した[4]

実業界では、1912年(大正元年)平信託 (株) を設立して支配人に就任[3]。その他、好間製糸取締役、平炭礦監査役、東海炭礦取締役、只見川電気取締役、磐城木材取締役、平電力監査役、東部信託監査役などを務めた[2][3][6][7]

1936年(昭和11年)神谷村長に就任して2期10年間在任し、農業会長、産業組合長、健康保険組合長も兼務して、村政の発展のため日夜尽力した[5][6]

国政選挙歴[編集]

著作[編集]

  • 『万国議院会議への旅』佐藤庄太郎、1936年。

親族[編集]

  • 妻 佐藤ノブ(養父長女)[7]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』197頁、『福島県史 第22巻』225頁、『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』275頁では、明治18年県立平中学校卒。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『福島県東海岸之人物』170-172頁。
  2. ^ a b c d 『福島誌上県人会』360頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 『福島県人名鑑』サ18頁。
  4. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』275頁。
  5. ^ a b c d e f g 『福島県史 第22巻』225頁。
  6. ^ a b c d e 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』197頁。
  7. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第14版 上』サ37-38頁。
  8. ^ a b 『衆議院議員総選挙一覧 第18回』295頁。
  9. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第15回』21頁。
  10. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第17回』299頁。

参考文献[編集]

  • 太田桜洲『福島県東海岸之人物』広文堂、1915年。
  • 『福島県人名鑑 : 一名・事業と人物』福島県人名鑑刊行会、1923年。
  • 松沢忠雄編『福島誌上県人会』福島県友会出版部、1923年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第15回』衆議院事務局、1926年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第17回』衆議院事務局、1930年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第18回』衆議院事務局、1932年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。
  • 『福島県史 第22巻 (各論編 8 人物)』福島県、1972年。
  • 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』衆議院事務局、1940年。
  • 衆議院参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。