佐藤和男 (法学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 和男(さとう かずお、1927年 - )は日本法学者国際法専攻。青山学院大学名誉教授。大平善梧らとともに国際経済法学を提唱し、植草学園短期大学学長、国際経済法学会理事、日本会議代表委員等を歴任。第1回安達峰一郎記念賞受賞。

概略[編集]

東京に生まれる。府立第六中学校(現東京都立新宿高等学校)を経て、1945年海軍兵学校75期)卒業、1952年東京商科大学(現一橋大学)卒業[1][2]後、一橋大学特別研究生となる[3]大平善梧の指導を受けた[4]。1970年、いずれも大平門下である皆川洸細谷千博秌場準一が審査員となり、著書『国際経済機構の研究』により一橋大学法学博士の学位を取得[5][6]

拓殖大学助教授[7]を経て、1959年国際連合本部特別研究員。拓殖大学政経学部教授を経て、1969年明治学院大学経済学部教授。1974年定年退職した大平の後任として青山学院大学法学部教授となる。のち同大学名誉教授の称号を受けた。1999年植草学園短期大学特任教授、2002年同学長[1][2]

1968年『国際経済機構の研究』で第1回安達峰一郎記念賞受賞[8][9]大平善梧丹宗暁信とともに国際経済法学を提唱[10]日本会議代表委員、興亜観音を守る会、憲法学会監事、世界法学会理事、国際経済法学会理事を歴任[1][2]

著書[編集]

  • 『国際連合の低開発国援助』アジア経済研究所, 1962
  • 『国際経済機構の研究』新生社 1967
  • 『国際法現代文献解説』新生社 1967
  • 『憲法九条・侵略戦争・東京裁判』原書房 1985

編・監修[編集]

  • 『国際投資の法的保護』編 (アジア経済調査研究双書 アジア経済研究所 1968
  • 『世界がさばく東京裁判 85人の外国人識者が語る連合国批判 改訂版』監修 明成社 2005

翻訳[編集]

  • 板垣与一編『アメリカの対外援助 歴史・理論・政策』日本経済新聞社 1960
  • R.A.フォーク編『ベトナム戦争と国際法 アメリカの軍事介入の合法性に関する分析』新生社 1968
  • マイケル・ハドソン『新国際経済秩序 世界経済の亀裂と再築』世界日報社 1980
  • デニス・マクシェーン『ポーランド自主労働組合連帯 体制への挑戦』日本工業新聞社 1983
  • ゲオルク・エルラー『国際経済法の基本問題』嵯峨野書院 1989

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「国際法の観点から 考える東京裁判の 正しい理解」東京リーガルマインド
  2. ^ a b c 佐藤和男教授略歴・主要著作目録 (佐藤和男教授退職記念号)青山法学論集 37(3・4) 1996.03
  3. ^ 「アングロ・イラニアン石油会社事件」
  4. ^ 「一橋学問の伝統と反省 : 国際法」
  5. ^ 一橋大学 , 法学博士 , 乙第28号 , 1970-12-14
  6. ^ 博士論文要旨および審査要旨(佐藤和男)
  7. ^ [ルテール著『国際制度』]
  8. ^ 水間政憲『「反日」包囲網の正体: 国際社会でのネット戦争は始まっている』
  9. ^ 「安達峰一郎記念賞」
  10. ^ 櫻井雅夫「国際経済法再考」獨協法学 = Dokkyo law review獨協法学 = Dokkyo law review. (49) 1999年