佐藤博樹 (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 博樹(さとう ひろき、1959年 - )は、日本経済学者環境学者北海商科大学商学部教授、地球環境科学博士(北海道大学)。

経歴[編集]

北海学園北見大学商学部卒。北海道大学大学院農学研究科農業経済学専攻修了後、北海道経済同友会職員。1994年北海学園北見短期大学経営学科専任講師。2001年北海学園北見大学商学部助教授。その後、北海道大学大学院地球環境科学研究科博士課程修了。2006年北海商科大学商学部助教授。2007年北海商科大学商学部准教授。2010年北海商科大学商学部教授

この他、北見エコスクール運営委員会副代表や北見市環境会議座長、北見工業大学道都大学紋別キャンパスの非常勤講師も務めた。

研究領域[編集]

環境経済学が専門で、GHGが与える経済への影響や低炭素社会排出権取引循環型社会再生可能エネルギーなど幅広く研究対象とする。この他、農業経済学にも精通。

主著[編集]

  • 『持続可能な観光と地域発展へのアプローチ』(共著、泉文堂、1999年)
  • 『地方都市圏の今日的課題と戦略』(共著、泉文堂、2005年)
  • 『北東アジア地域協調体制の課題』(共著、現代史料出版、2009年)
  • 『地域環境共生事業の経済評価 : 少子高齢化地域を事例として』(東出版、2012年)