佐藤千登勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 千登勢(さとう ちとせ、1963年 - )は、日本の歴史学者。専門はアメリカ現代史。筑波大学教授。アメリカ学会清水博賞受賞。元日本アメリカ史学会運営委員会代表。

人物[編集]

東京都生まれ。1986年一橋大学経済学部卒業。1988年一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了[1]。指導教官は平井規之[2]で、本田創造ゼミ、油井大三郎ゼミにも所属[3]。一橋大学大学院経済学研究科博士課程を経て、米国に留学し、1992年一橋大博士課程中退、1993年デューク大学大学院歴史学部博士課程修了。Ph.D取得[1]

米国でクリストファー・W・A・スピルマンと結婚。1994年、夫と共に帰国。1998年4月より西南学院大学文学部国際文化学科講師、2000年10月から西南学院大学文学部国際文化学科助教授、2004年から筑波大学大学院人文社会科学研究科助教授、2007年から筑波大学大学院人文社会科学研究科准教授[1]。2013年日本アメリカ史学会運営委員会代表[4]。2015年筑波大学大学院人文社会科学研究科教授[5]

2003年に著書『軍需産業と女性労働―第二次世界大戦下の日米比較』でアメリカ学会清水博賞受賞[6][7]

脚注[編集]

[ヘルプ]