佐藤元長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 元萇(さとう げんちょう、文政元年(1818年) - 明治30年(1897年8月7日)は、日本の医師江戸幕府医学館教授。森鴎外漢詩漢文の師である[1][2]。号は応渠[3]

生涯[編集]

父は佐藤重俊である。陸奥国会津に生まれ、会津藩藩主松平容保の侍講を務めた高津淄川[* 1]に学んだ。江戸詰御医師として五人扶持を給され[4]、藩邸を拠点に多紀元堅(多紀茝庭)から医学を学ぶ[* 2]。佐藤は多紀塾の塾頭に進んだ[3]黒船来航後に種痘を学び、郷里で施術を行っている。安政4年(1857年)に幕命によって医学館医書校正となり、講師を経て教授に進んだ。文久3年(1863年)には征夷大将軍徳川家茂に拝謁し、袋杖登城を許された[3][5]。藩命により幕末の京へも赴いている。維新後は千住で医業を営んだほか、私塾を開いて近在の子供たちを教育した。のち茨城県下妻町で病院長を務める。墓所は池上本門寺[3]

森鴎外との関係[編集]

明治5年に佐藤と旧知の仲であった森静男一家が上京し、静男はその男子を佐藤に入門させる。当時13歳のこの少年が、のちの森鴎外であった[3]。鴎外の漢学関係の師としては依田學海もおり、依田は鴎外の漢文、佐藤は漢詩の能力を高めた[1]

著作等[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 高津は古賀精里の弟子で、日新館で年少藩士の教育にあたった。漢詩人として草場佩川と並び称された人物である。思案橋事件で刑死した高津仲三郎は三男。
  2. ^ 多紀塾登門録では天保14年(1843年)3月の入門。
出典
  1. ^ a b 小堀桂一郎『森鴎外』ミネルヴァ書房、55頁
  2. ^ a b c 『森鴎外と千住』「第2章 周囲の人々と森家の暮らしから」
  3. ^ a b c d e 『足立史談 第48号』渡辺春園「佐藤元萇先生と森林太郎」
  4. ^ 『慶應年間会津藩士人名録』(勉強堂書店)71頁
  5. ^ 『会津人物事典 文人編』

参考文献[編集]

  • 足立史談会『足立史談 第48号』、2008年
  • 小島一男編『会津人物事典 文人編』歴史春秋社
  • 小島一男編『会津人物事典 武人編』歴史春秋社
  • 多田文雄『森鴎外と千住』足立郷土資料刊行会(史談文庫6)、2007年。
  • 『日本人名大辞典』講談社

外部リンク[編集]