佐瀬稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐瀬 稔(させ みのる、1932年6月21日 - 1998年5月23日)は、日本のノンフィクション作家

来歴・人物[編集]

神奈川県生まれ。東京外国語大学英米語学科中退。報知新聞社に勤め、1973年フリーとなり、スポーツ、いじめ、登山家などを主として扱うノンフィクション作家となる。1985年、『金属バット殺人事件』で第38回日本推理作家協会賞受賞。また、スポーツライターとして、1990年に『ヒマラヤを駆け抜けた男―山田昇の青春譜』で第1回ミズノスポーツライター賞を受賞。『ワールド・ボクシング』誌に「感情的ボクシング論」を連載していた。

1998年5月23日、65歳で死去。

著書[編集]

  • 『炎の男輪島功一 肉体を信じた男の記録』 講談社 1975
  • 『外務員が言わない生命保険ウソの部分 保険金がもらえない落し穴』 ベストセラーズ 1977.10
  • 『リングサイドでうたを聞いた 感情的ボクシング論』 ベースボール・マガジン社 1977.6
  • 『ニッポン公務員事情』 日本実業出版社 1978.5
  • 『日本人ここにあり 海外で成功したこの13人のライフ・スタイル』 講談社 1978.9
  • 『北海道の11日戦争 自衛隊vs.ソ連極東軍』 講談社 1978.12
  • 『中ソ戦争勃発す! 第三次世界大戦・アジア篇』 二見書房 1979.1
  • 『反逆の経営者 サラリーマン経営への反証』 プレジデント社 1979.8
  • 『スーパー・スター アメリカスポーツの栄光と陰影』 講談社 1979.3
  • 『ドキュメント現代の教師 そのありのままの姿』 こう書房 1980.5 (コウ選書)
  • 『自衛隊の三十年戦争』 講談社 1980.8
  • 『狼は帰らず アルピニスト・森田勝の生と死』 山と渓谷社 1980.12 のち中公文庫
  • 『実録・大統領を撃て!』 講談社 1981.5
  • 『喪われた岩壁 第2次RCCの青春群像』 山と渓谷社 1982.6 のち中公文庫
  • 『天皇と背番号3 長島が神話になった日』 祥伝社 1983.10 (ノン・ノベル) 「天皇と長島茂雄」ノン・ポシェット
  • 『七万人のマネー・ウォーズ 日本生命の秘密』 講談社 1983.3
  • 『金属バット殺人事件』 草思社 1984.11 のち講談社文庫、双葉文庫
  • 『挑戦 闘う男たちの軌跡』 東急エージェンシー出版部 1985.7
  • 『官僚たちの八月十五日』 1986.7 (旺文社文庫)
  • 『挫折と栄光 ボクサー浜田剛史の生き方』 二見書房 1986.11
  • 『叩きのめされても立ち上がるのが男のルールだ 終わりなき男のストーリー』 ベストセラーズ 1987.11
  • 『男たちの神話』 悠飛社 1989.7
  • 大塚正士の一日一得』 ロングセラーズ 1989.6
  • 『ヒマラヤを駆け抜けた男―山田昇の青春譜』 東京新聞出版局 1990.9 のち中公文庫
  • 『うちの子が、なぜ! 女子高生コンクリート詰め殺人事件』 草思社 1990.10
  • 『いじめられて、さようなら』 草思社 1992.2
  • 『彼らの誇りと勇気について 感情的ボクシング論』 世界文化社 1992.4
  • 長谷川恒男 虚空の登攀者』 山と渓谷社 1994.7 のち中公文庫
  • 『大地震生と死』 草思社 1995.10
  • 『敗れてもなお 感情的ボクシング論』 世界文化社 1995.4
  • 『オリンピック ヒーローたちの眠れない夜』 世界文化社 1996.8
  • 『祖国よ! 佐瀬稔の昭和事件史』 悠飛社 1996.2
  • 『日本人の伝説 アメリカンドリーム 海の向こうの高い山へ』 ベストセラーズ 1996.4
  • 『給食が危ない! O-157の恐怖』 プレジデント社 1997.7
  • 『残された山靴 佐瀬稔遺稿集 志なかばで逝った8人の登山家の最期』 山と溪谷社 1999.6

翻訳[編集]

  • 白き舞 ナディア・コマネチ/パーフェクト真説 講談社 1982.7
  • 検死官 Dr.刑事トーマス野口 トーマス・T.野口,ジョセフ・ディモーナ 講談社 1984.5 のち+α文庫