佐々木中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々木 中
(ささき あたる)
誕生 (1973-08-02) 1973年8月2日(45歳)
日本の旗 日本青森県
職業 思想家作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 博士(文学)
最終学歴 東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻宗教学宗教史学専門分野博士課程修了
ジャンル 哲学宗教学
代表作 『夜戦と永遠 フーコー・ラカン・ルジャンドル』(2008年・以文社)
公式サイト atarusasaki.net
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

佐々木 中(ささき あたる、1973年8月2日 - )は、日本の思想家作家京都精華大学人文学部准教授。博士(文学・東京大学)。専攻は哲学現代思想理論宗教学。  

略歴[編集]

人物[編集]

著書[編集]

評論[編集]

  • 『夜戦と永遠──フーコーラカンルジャンドル』(以文社、2008) - 博士論文 
    • 『定本 夜戦と永遠』(河出文庫(上・下)、2011)、増訂版
  • 『切りとれ、あの祈る手を──〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話』(河出書房新社、2010)
  • 『足ふみ留めて──アナレクタ1』(河出書房新社、2011)
  • 『この日々を歌い交わす──アナレクタ2』(河出書房新社、2011)
  • 『砕かれた大地に、ひとつの場処を──アナレクタ3』(河出書房新社、2011)
  • 『この熾烈なる無力を──アナレクタ4』(河出書房新社、2012)
  • 『踊れわれわれの夜を、そして世界に朝を迎えよ』(河出書房新社、2013)
  • 『仝: selected lectures 2009-2014』(河出書房新社、2015)
  • 『戦争と一人の作家 坂口安吾論』(河出書房新社、2016)

小説[編集]

  • 『九夏前夜』(河出書房新社、2011)、初出は「早稲田文学増刊π」2010
  • 『しあわせだったころしたように』(河出書房新社、2011)
  • 『晰子の君の諸問題』(河出書房新社、2012)
  • 『夜を吸って夜より昏い』(河出書房新社、2013)
  • 『らんる曳く』(河出書房新社、2013)
  • 『短夜明かし』(河出書房新社、2014) 
  • 『神奈備』(河出書房新社、2015)

翻訳[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ a b 私は産経新聞の今回の決定に抗議します。 2012年11月27日

 

外部リンク[編集]