佐々学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「佐々 學」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

佐々 學(さっさ まなぶ、1916年3月14日 - 2006年4月10日)は日本の寄生虫学者、衛生動物学者。戦後日本の復興期に、八丈小島のマレー糸状虫症の研究など、公衆衛生の面で多くの業績を挙げた。

人物[編集]

東京・神田に生まれる。

第一高等学校東京帝国大学医学部卒業。東京帝大伝染病研究所に入る。戦時中は海軍の軍医として東南アジアの国々を回る。その間、ペナン海軍軍医学校の研究を行う[1]

戦後、東大伝染病研究所に復帰。蚊やダニの研究に従事。その後、家の中のダニや野外のツツガムシなどに関心を広げる。1948年に第1回ロックフェラー財団留学生としてジョンズ・ホプキンス大学に留学[1]

昭和33年(1958年)東京大学教授となり、昭和43年(1968年東京大学医科学研究所長(第13・14代)。昭和51年(1976年)に東大を退官。昭和52年(1977年)10月国立公害研究所長(1980年1月まで)[2]。昭和54年(1979年)、野口英世記念医学賞受賞。昭和57年(1982年)には富山医科薬科大学平成2年(1990年)には新設の富山国際大学の学長に就任。平成7年(1995年)に職を辞し、黒部川畔に環境福祉研究所を創設した[1]

フィラリア症と蚊、ツツガムシ病とダニなど衛生上有害な動物(衛生昆虫、もしくは衛生害虫)、ユスリカなど環境生物を幅広く研究。ツツガムシ病である土佐のほっぱんの病態を解明した。

著書[編集]

  • 『蚊を調べる人のために : 日本の蚊の研究と檢索の手引』 東京出版 1948年
  • 『疾病と動物』 岩波書店 1950年12月
  • 『恙虫と恙虫病』 医学書院 1956年
  • 『日本の風土病―病魔になやむ僻地の実態』 法政大学出版局 1959年
  • 『風土病との戦い』 岩波新書 1960年
  • 『とんぱんの味 : 私の富山ノート』 実業之富山社 1988年4月

顕彰[編集]

1990年日本衛生動物学会が、若手研究者の症例のために学会賞として、佐々賞を設けた。佐々は、この時富山医薬大学を退官し、富山国際大学に新しい学長として赴任するところで、自らの研究歴を振り返って、一文を寄稿している[3]

2016年には、彼の生誕100年に当たるということで、日本衛生動物学会が、佐々の功績を改めて顕彰し、病気を媒介する虫のコントロールと生物を利用した環境改善を訴えた彼の功績を改めて再認する記念事業を展開した[4](記念事業は既に終了している)。

受賞[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]