住友林業クレスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:本店外観の画像提供をお願いします。2015年4月
住友林業クレスト株式会社
SUMITOMO FORESTRY CREST CO., LTD.
Sumitomo Forestry logo.svg
Nishiki SIS Building 20150426.JPG
錦SISビル(2015年4月)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
460-8428
愛知県名古屋市中区錦三丁目10番33号
錦SISビル[1]
北緯35度10分19.6秒
東経136度54分7.6秒
座標: 北緯35度10分19.6秒 東経136度54分7.6秒
本店所在地 101-0054
東京都千代田区神田錦町三丁目26番地
設立 1959年(昭和34年)8月26日[1]
(浜田合板株式会社)
業種 その他製品
法人番号 2010001089831
代表者 代表取締役社長 吉岡義寛[2]
資本金 8億円[1]
主要株主 住友林業(株) 100%[1]
外部リンク http://www.sumirin-crest.co.jp/
テンプレートを表示

住友林業クレスト株式会社(すみともりんぎょうクレスト、: SUMITOMO FORESTRY CREST CO., LTD.)は、愛知県名古屋市中区に本社を置く企業。

概要[編集]

住友林業株式会社の100%子会社で木質系住宅関連部材、住宅設備機器、合成樹脂接着剤および化学材料品や造り付け家具の製造販売などを行っている。

2011年(平成23年)4月には合板を製造している小松島工場を合板製造大手の株式会社日新に売却し、合板事業から撤退した[3]

沿革[編集]

  • 1959年(昭和34年)8月 - 浜田合板株式会社として設立[4]
  • 1963年(昭和38年)7月 - 浜田産業株式会社に商号を変更[4]
  • 1991年(平成3年)10月 - 住友林業クレックス株式会社に商号を変更[4]
  • 2001年(平成13年)4月 - 住友林業クレックス株式会社を存続会社とし、スミリンホルツ株式会社、スミリン合板工業株式会社[5]、富士不燃建材工業株式会社の3社を吸収合併。同時に住友林業クレスト株式会社に商号を変更[4]
  • 2004年(平成16年)1月 - 株式会社不二を吸収合併[4]
  • 2005年(平成17年)4月 - 窯業建材事業を行っている富士事業所を分離分割し、ニチハ株式会社との合弁会社であるニチハ富士テック株式会社が承継[4][6]
  • 2005年(平成17年)6月 - 東洋プライウッド株式会社を子会社化[4]
  • 2010年(平成22年)4月 - 東洋プライウッド株式会社を吸収合併[4]。同月、東京都千代田区から愛知県名古屋市中区に本社を移転。
  • 2010年(平成22年)10月 - 子会社の東洋陸運株式会社の全株式を大日本木材防腐株式会社へ譲渡[4][7]
  • 2011年(平成23年)4月 - 小松島工場を合板製造大手の株式会社日新に事業譲渡[4]
  • 2015年(平成27年)7月 - 子会社のShouei Furniture Co.,Ltd(タイ)の全株式をコイズミファニテック株式会社に譲渡[8]

事業所[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 概要”. 住友林業クレスト株式会社. 2016年6月5日閲覧。
  2. ^ ごあいさつ”. 住友林業クレスト株式会社. 2016年6月5日閲覧。
  3. ^ 住友林業クレストの一部事業譲渡(売却)に関するお知らせ (PDF) (2010年10月29日、住友林業クレスト・News Release)
  4. ^ a b c d e f g h i j 沿革”. 住友林業クレスト株式会社. 2016年6月5日閲覧。
  5. ^ 住友林業と住友ベークライトによる合弁企業。現在は中小他社に事業譲渡しているかつての旧小松島工場は同社が母体。
  6. ^ 住友林業クレスト株式会社の事業分割および共同出資会社による事業承継について(2005年2月28日、住友林業・ニュースリリース)
  7. ^ グループ会社株式の譲渡(売却)に関するお知らせ (PDF) (2010年9月30日、住友林業クレスト・News Release)
  8. ^ 子会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ”. 住友林業クレスト株式会社. 2016年6月5日閲覧。
  9. ^ a b c d e 本社・営業所・工場”. 住友林業クレスト株式会社. 2016年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]