伊豆能売

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊邪那岐命の禊ぎによって生まれた神々(『古事記』に基づく) SVGで表示(対応ブラウザのみ)

伊豆能売(いづのめ)は、日本神話に登場するである。

神話での記述[編集]

古事記』にのみ登場し、『日本書紀』には登場しない。『古事記』でも出自や事跡についての記述が一切ない。神話中では「伊豆能売」とだけ書かれていて、「神」「命」などの神号はつけられていない。

概要[編集]

神道系新宗教では伊都能売神と表記することもある。神名の「イヅ」は「厳」で、斎み清めることを意味する。神名の「メ」は女神であることを意味する。 神産みにおいて伊邪那岐命黄泉から帰って来た際、黄泉の穢れから禍津日神が生まれた。その禍津日神がもたらす禍(災厄)を直すために、直毘神二柱(神直毘神、大直毘神)と伊豆能売が生まれたとしている。

延喜式神名帳』には伊豆能売を祀ったと思われる出雲国出雲郡の「神魂伊豆之賣神社」が記載されており、同社は伊努神社に合祀されたとされているが、同社の祭神に伊豆能売の名はない。『延喜式神名帳』以外にこの神社について記載した史料はなく、伊豆能売を祀る神社は現存しないことになる。 しかし、伊豆能売の名を冠しない式内社は現存しており、三重県津市の元伊勢伝承地の一つである「加良比乃神社」は倭姫命が天照大御神を奉戴して「片樋宮」を建立した跡地に「御倉板舉神」と「伊豆能賣神」を祭祀したのが起源とされている。これは後世の復古神道や古神道の思想の影響下で奉祀されたものではなく、延喜式編纂以前の祭祀である。 幕末以降の神道系新宗教の中には、伊豆能売が古代には信仰されていたが後に信仰されなくなった「埋没神」であるとして、新たに信仰の対象にしようとするものもある。

大本出口王仁三郎は1918年ごろ『伊都能売神論』を発表した。また、1926年ごろ、教団内の機関誌『神の国』において、7月号より翌年5月号まで、『伊都能売』と題した連載を行い、伊都能売神の解説を行った。これ以外にも、霊界物語内に伊都能売神の記述が点在してあり、伊都能売神を詠んだ和歌も数点発表している。王仁三郎の弟子で、世界救世教を興こした岡田茂吉は、伊都能売神(伊都能賣神皇)は古代日本の最高神であったが、中国を経由してインドへ渡って観自在菩薩と名乗り、釈迦仏教を伝授し、その後、南中国地方に移って観世音菩薩と名を改めたのだという「逆本地垂迹(神本仏迹)」とも言える説を示した[1]。また、伊都能売大神は金龍となって琵琶湖に潜んでいたとも述べている[2]


脚注[編集]

  1. ^ 岡田茂吉全集 著述編 第十巻 文明の創造
  2. ^ 岡田茂吉全集 著述編 第一巻 観音講座第一講座

関連項目[編集]