伊藤昭男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊藤 昭男(いとう あきお、1957年 - )は、日本観光学者・経済学者学術博士北海道大学)。北海商科大学学長。北海道生まれ

略歴[編集]

北海道大学経済学部卒業。1992年北海道大学大学院環境科学研究科博士課程修了。1993年北海学園北見大学商学部講師。1997年北海学園北見大学商学部助教授。2000年北海学園北見大学教授。その後、北海学園北見大学開発政策研究所副所長。2006年北海商科大学商学部教授。2007年北海商科大学学術発展センター長。2017年北海商科大学商学部長。2021年北海商科大学長代行。2022年北海商科大学長。[1][2]

研究領域[編集]

専門は、地域観光論、資源・環境政策論、都市・地域経済学など多岐に渡る。 [3]

主著[編集]

  • 『地方都市圏の今日的課題と戦略』共著 泉文堂 2005
  • 『地域の自立的発展と空間構造 : 北海道開発への新機軸を求めて』編著 現代史料出版 2008
  • 『現代中国の資源戦略 : 資源の再考察と資源化のダイナミクス』HINAS 2012
  • 『観光ビジネス・エコノミクス概論 : 地方における新たな市場創出に向けて』批評社 2017

など

脚注[編集]

  1. ^ 以上につき北海商科大学 新学長就任のお知らせ
  2. ^ 以上につきkaken
  3. ^ 教員紹介
先代:
森本正夫
北海商科大学学長
第2代: 2022年 ‐
次代:
-