伊藤公一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 公一朗(いとう こういちろう、1982年 - )は経済学者。専門分野は環境経済学、エネルギー経済学、産業組織論、応用計量経済学

経歴[編集]

宮城県仙台市出身。宮城県仙台第一高等学校を経て、2004年京都大学経済学部卒業、ブリティッシュ・コロンビア大学修士課程修了、カリフォルニア大学バークレー校博士課程修了(Ph.D)。スタンフォード大学経済政策研究所(SIEPR)研究員、ボストン大学ビジネスクール助教授を経て、現在、シカゴ大学公共政策大学院ハリススクール准教授。

受賞[編集]

  • 2017年 日経・経済文化図書賞 著書「データ分析の力 因果関係に迫る思考法」 (光文社)に対して。
  • 2017年 サントリー学芸賞 著書「データ分析の力 因果関係に迫る思考法」 (光文社)に対して。
  • 2018年 American Economic Review Excellence in Refereeing Award
  • 2019年 日本経済学会・石川賞[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]