伊勢崎彰大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊勢崎 彰大(いせざき あきひろ、1978年10月12日 - )は、日本競輪選手会千葉支部に所属する競輪選手日本競輪学校(以下、競輪学校)第81期生(同期には、長塚智広加藤慎平合志正臣らがいる)。

来歴[編集]

千葉県立京葉工業高等学校[1]在籍時代に、1995年及び1996年全日本アマチュア自転車競技選手権大会(全アマ)・スプリントで優勝。

その後、競輪学校に入校したが、滝澤正光(競輪学校43期生)が初めて取った弟子として話題となった。在校競走成績は75勝を挙げて2位。卒業記念レースでも2位となった。

1998年8月5日立川競輪場でデビューし1着。後2日間も勝利し、デビュー場所で完全優勝を果たした。

1999年ルーキーチャンピオンレース平塚競輪場)優勝。新人王戦小倉競輪場)では2位に入った。

2000年全日本自転車競技選手権大会・スプリント優勝。トラックレース世界選手権・スプリントでは7位入賞。この他、新人王戦3位、ふるさとダービー玉野競輪場)9位などの実績を残した。

しかし、2001年以降しばらく、特別競輪(GI、GII)では落車、失格が目立つようになったこともあり、スランプ状態が長く続くことになった。2011年7月26日現在、GIではいまだ決勝進出を果たせていない。また、自転車競技でも目立った戦績を挙げることがなくなってしまった。さらに、デビュー当時は先行、捲りを中心とした自力型の選手だったが、現在は追い込み主体の脚質に変わった。

人物[編集]

2012年より馬主となっている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]