仏哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仏哲
各種表記
クォック・グー Phật Triết (Phật Triệt)
漢字チュノム 佛哲 (佛徹)
北部発音: ファット・チェット
音読み ぶってつ
テンプレートを表示

仏哲(ぶってつ、生没年不詳)は、奈良時代の渡来僧。仏徹とも書く。林邑国フエの出身。

インドに入り菩提僊那に師事して密呪に秀でた。開元年間(713年 - 741年)菩提僊那とともに入唐、当時日本から唐に滞在していた僧理鏡等の招きにより、736年天平8年)師の菩提僊那・唐の僧道璿等とともに来日した。大宰府を経てに入り、大安寺に住した。聖武天皇の信頼篤く、752年の奈良東大寺大仏完成時の法要で舞楽を奉納し、「菩薩」、「抜頭」などといったや林邑楽(林邑は現在のベトナムのこと。仏哲らが伝えたとされるインド系雅楽の楽種の一つ[1])を伝え、また多くの密教経典、論籍も請来したという。大安寺では林邑楽などを楽人に教え、752年天平勝宝4年)の東大寺大仏開眼供養会の際も舞を伝授した。

仏哲らが伝えた林邑楽は、春日若宮おん祭で毎年12月に披露されており、2014年には春日の雅楽団「南都楽所」がベトナムで里帰り公演を行なった[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]