京口元吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

京口 元吉(きょうぐち もときち、1897年2月28日 - 1967年9月3日)は、昭和時代の日本史学者。

兵庫県姫路市出身。朝鮮で小学校教師ののち早稲田高等学院卒、1926年早稲田大学文学部史学科卒、1929年早大附属高等学院講師、33年教授、1940年早大文学部助教授。この間明治文化研究会で活動。1941年講義内容が自由主義的だとして退職させられる。1946年復職、47年教授。67年定年退職しまもなく死去。日本近世史を中心に西洋史なども幅広く研究、著述をおこなった[1]。学生時代は尾崎一雄らと同人誌をやっていた[2]

著書[編集]

  • 『日本史概説講義案』広文堂書店 1929-30
  • 『西洋史概説』東京泰文社 1931
  • 『日本史概説』広文堂書店 1931
  • 『国民の日本史 第14篇 東京時代守成期』早稲田大学出版部 1932
  • 『概観日本史要』広文堂書店 1933-34
  • 『日本近世史要』広文堂書店 1935
  • 秀吉の朝鮮経略白揚社 日本歴史文庫 1939
  • 『近代日本歴史講座 第7冊 大正政変前後』白揚社 1940
  • 田口卯吉の日本開化小史』日本放送出版協会 ラヂオ新書 1941
  • 『日本外交史話』朝日新聞社 朝日新選書 1943
  • 『やさしい日本歴史』労働文化社 1948
  • 『大学入試一般社會時事問題の完成8週間』山海堂 完成8週間叢書 1950
  • 『日本史の基礎』旺文社 高校基礎シリーズ 1955
  • 『日本文化史』学灯社學燈文庫 1957
  • 高田早苗伝』早稲田大学出版部 1962

共編など[編集]

翻訳
  • オットオ・ブラウン『歴史哲学概論』至上社 1924

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 20世紀日本人名事典
  2. ^ 尾崎一雄『あの日この日』