交響曲第4番 (ドヴォルザーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第4番ニ短調作品13(B41)は、アントニン・ドヴォルザーク1874年1月1日から3月26日にかけて作曲した交響曲である。完成から数日後に、前年1873年に作曲した第3番が初演されている。交響曲第3番とこの第4番、それに室内楽曲をオーストリア政府文化省に提出し、高額の奨学金を得ることになった。

第3楽章のみが1874年5月25日にプラハスメタナの指揮により初演されたが、全曲の初演は1892年3月6日にドヴォルザーク自身の指揮により、同じくプラハで行われた。出版は1912年で、かつては現在の第8番が「第4番」として出版されていた。第2楽章がワーグナーのオペラ『タンホイザー』の「巡礼の合唱」そっくりに作られている。

楽器編成[編集]

フルート2(ピッコロ2持ち替え)、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ打楽器ハープ弦五部

演奏時間[編集]

全曲で約43分(第1楽章の繰り返しを含む)。

楽曲構成[編集]

4楽章からなる。

  • 第1楽章 アレグロ ニ短調 4分の3拍子。ソナタ形式
  • 第2楽章 アンダンテ・ソステヌート・エ・モルト・カンタービレ 変ロ長調 4分の4拍子。変奏曲形式。
  • 第3楽章 スケルツォ:アレグロ・フェローチェ ニ短調 4分の6拍子。
  • 第4楽章 フィナーレ:アレグロ・コン・ブリオ ニ短調 4分の2拍子。ロンド形式