交響曲第1番 (ドヴォルザーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第1番ハ短調作品3(B9)は、アントニン・ドヴォルザーク1865年の2月11日から3月24日にかけて作曲した、最初の交響曲である。ドヴォルザーク自ら『ズロニツェの鐘』(Zlonické zvony )と名付けている。ドイツのコンクールに提出されたが入選せず総譜も失われたため、生前には演奏も出版もされなかった。番号も付けられず、かつては現在の第6番(ドヴォルザークの交響曲で最初に出版された)に「第1番」が付けられていた。

ドヴォルザークの死後、1923年プラハの歴史学者ルドルフ・ドヴォルザーク(作曲者と血縁はない)の遺品の中からそのスコアが発見された。1936年ブルノで初演されたが、所有者の遺族は出版を許可せず、1961年になって国立音楽出版社から出版された。

ズロニツェ(Zlonice)はプラハの西方にある町で、ドヴォルザークが家業の肉屋を継ぐための修業で少年時代をここで過ごし、また彼が初めて音楽の勉強をした町である。初演は1936年10月4日ブルノにて、ミラン・サックス指揮ブルノ国立劇場管弦楽団による。

楽器編成[編集]

ピッコロフルート2、オーボエ2、コーラングレクラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ弦五部

演奏時間[編集]

全曲で約53分(第1楽章の繰り返しを含む)

楽曲構成[編集]

4楽章からなる。

第1楽章 Maestoso – Allegro
ハ短調、序奏付きのソナタ形式(提示部反復指定あり)。ドヴォルザークの手稿にテンポの指定はない。
序奏は短いが、重要な動機を含んでいる。第1主題は弦で提示され、長大な第1主題部を形成してゆく。経過部の後、再び第1主題を確保してしばらくすると落ち着き、歌謡的な第2主題が提示される。再び熱気を取り戻し第2主題も大いに発展してから弦が悲哀をこめた句を出して厳かに提示部を締めくくる。この提示部には反復指定があるが、他の交響曲同様ほとんど実行されない。展開部は荘厳に開始され、序奏の動機や両主題を扱って発展する。序奏が戻り、第1主題部の後半から再現部に入る。そのまま第2主題が型通り再現されるが提示部にあった長い発展は省略され、まもなくコーダとなる。演奏時間は12 - 14分程度で、提示部の反復をすると18 - 19分程になる。
第2楽章 Adagio di molto
変イ長調、4分の2拍子。三部形式
フガートをはじめとする対位法的書法が見受けられる。フェルマータを用いた重々しい和音の導入句に続いて主要主題が提示される。中間部では新たに主題が登場し、後半では2重フガートがみられる。

 

第3楽章 Allegretto
ハ短調、4分の2拍子。三部形式。
明記こそないがスケルツォに相当する楽章。中間部は変ホ長調。
第4楽章 Finale. Allegro animato
ハ長調、4分の2拍子。自由なロンド形式。A-B-A-C-B-A'-C-B-A'-Coda
主要主題に基づく導入の後、オーボエで陽気で牧歌的な主要主題(A)が提示される。第1副主題(B)は主要主題から派生したもので、シューマンを彷彿させる明るいもので雰囲気は主要主題と大差ない。主要主題や第1楽章の序奏動機なども現れながら再び主部に戻り、主要主題が全合奏で奏されると、すぐに第2副主題部(C)に入る。この部分は大いに発展し、長大である。主要主題は戻らずに第1副主題が現れる。前と同様に主要主題の断片が次々と奏されるが、明確には再現されず再び第2副主題が戻る。今度はすぐに第1副主題が戻り、続いて主要主題が現れ、第2副主題も顔を見せる。そのままの勢いでコーダに入り、華やかに全曲を閉めくくる。