交響曲第2番 (ドヴォルザーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第2番変ロ長調作品4(B12)は、アントニン・ドヴォルザーク1865年第1番の完成後すぐに作曲した交響曲である。1865年8月1日に着手し10月9日に完成したが、初演のめどはつかず、友人のモルジック・アンガーがスコアを保管した。1887年にドヴォルザークはスコアを返却してもらい冗長さを除く改訂を施した後、1888年3月11日にプラハアドルフ・チェフ指揮の国民劇場管弦楽団によって初演されている。ただし出版は1959年まで行われず、かつては現在の第7番が「第2番」として出版されていた。ベートーヴェンシューベルト、ワーグナー、リストらの影響が随所にうかがわれる。

楽器編成[編集]

ピッコロフルート2(第2奏者はピッコロ持ち替え)、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ弦五部

演奏時間[編集]

全曲で約50分(第1楽章の繰り返しを含む)。

楽曲構成[編集]

4楽章からなる。

  • 第1楽章 アレグロ・コン・モート 変ロ長調 4分の2拍子。ソナタ形式
  • 第2楽章 ポーコ・アダージョ ト短調 8分の12拍子。自由な三部形式
  • 第3楽章 スケルツォ アレグロ・コン・ブリオ 変ロ長調 4分の3拍子。三部形式。
  • 第4楽章 アレグロ・コン・フオーコ 変ロ長調 2分の2拍子。自由なソナタ形式。