井尻秀憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井尻 秀憲(いじり ひでのり、1951年7月7日[1] - )は、日本国際政治学者東京外国語大学総合国際学研究院(国際社会部門・国際研究系)教授Ph.D.政治学)。専門は国際政治学東アジア国際関係論

経歴[編集]

福岡県出身。1970年、福岡県立修猷館高等学校卒業[2]、1975年、東京外国語大学外国語学部中国語学科卒業、三井銀行勤務の後、1980年3月、同大学院地域研究研究科修士課程修了、1983年12月、カリフォルニア大学バークレー校政治学部大学院博士課程修了。

筑波大学社会工学系助手(1985~1988年)、神戸市外国語大学外国語学部助教授(1988~1992年)、筑波大学社会科学系助教授(1992~1999年)、外務省北京大使館専門調査員(1994~1995年)を経て、1999年より東京外国語大学外国語学部教授。2009年大学院重点化に伴い配置転換、東京外国語大学総合国際学研究院教授。国家基本問題研究所客員研究員も務める。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『現代アメリカ知識人と中国――知と情念のフロンティア』(ミネルヴァ書房, 1992年)
  • 台湾経験と冷戦後のアジア』(勁草書房, 1993年)
  • 『アメリカ人の中国観』(文藝春秋[文春新書], 2000年)
  • 李登輝の実践哲学――50時間の対話』(ミネルヴァ書房, 2008年)
  • 『激流に立つ台湾政治外交史――李登輝、陳水扁、馬英九の25年』(ミネルヴァ書房, 2013年)

編著[編集]

  • 『中台危機の構造――台湾海峡クライシスの意味するもの』(勁草書房, 1997年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.298
  2. ^ 東京修猷会 第597回二木会(2013年11月14日(木))

外部リンク[編集]