井出嘉憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井出 嘉憲(いで よしのり、1931年6月25日[1] - )は、日本の政治学者東京大学名誉教授。

来歴[編集]

東京都生まれ。1954年、東京大学法学部卒業。1960年、論文「行政における統合 -現代合衆国における行政の構造と機能-」[2]にて、東京大学法学博士

国際基督教大学助教授、東京大学新聞研究所助教授、同大学社会科学研究所教授。1992年定年退官、名誉教授。信州大学教授、長野大学教授、同学長等を歴任。

著書[編集]

単著[編集]

  • 行政広報論 勁草書房 1967(東京大学社会科学研究所研究叢書)
  • 地方自治の政治学 東京大学出版会 1972(UP選書)
  • 日本官僚制と行政文化 日本行政国家論序説 東京大学出版会 1982(東京大学社会科学研究所研究叢書)

共著[編集]

翻訳[編集]

  • 米国における政府間の関係 政府間関係に関する委員会報告書 大蔵省 1964
  • 公社制度の比較研究 / W.フリードマン編 公企業研究調査会 1975

参考[編集]

  • 井出嘉憲教授略歴・著作目録「社會科學研究」1992-3

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.299
  2. ^ 博士論文書誌データベース
先代:
北澤博
長野大学学長
第7代:1999年-2004年
次代:
嶋田力夫