井上智洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 智洋(いのうえ ともひろ)は、日本の経済学者駒澤大学経済学部准教授。慶應義塾大学SFC研究所研究員。

略歴[編集]

東京都出身[1]。 1997年慶應義塾大学環境情報学部卒業。IT企業勤務を経て早稲田大学大学院経済学研究科に入学し、2011年に同大学より博士(経済学)を取得。 早稲田大学政治経済学部助教、駒澤大学経済学部講師を経て、2017年4月から同大学准教授。

専門はマクロ経済学。特に人工知能(AI)の進化が雇用に与える影響を研究している[2]

著書[編集]

共著もいくつかある。

  • 『毎年120万円を配れば日本が幸せになる』扶桑社 (2021/1/21) ASIN : B08T97FCHZ 井上智洋、小野盛司

脚注[編集]

  1. ^ 特別講演会 井上 智洋氏 - 公益社団法人 日本橋講演会
  2. ^ 語学も資格もムダになる「長寿化+AI」時代東洋経済オンライン 2017年5月16日

外部リンク[編集]