五料宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日光例幣使街道と周辺の主要街道

五料宿(ごりょうしゅく)は、日光例幣使街道宿場町の一つ。現在の群馬県玉村町五料、利根川の右岸に位置する。

概要[編集]

1601年前橋藩により例幣使街道唯一の五料関所が設けられ、関所に接する形で数軒の宿による小さな宿場町が形成された。[要検証 ]例幣使街道の渡し船の渡船地点でもあり、舟運の中継地にもなっていたため、交通の要衝として評価され1616年には関所が幕府公認になった[1]

災害[編集]

1783年7月8日、浅間山噴火に伴う土石流が五料宿にも到達し、関所が屋根まで埋まるなどの被害が出て、しばらくの間、機能不全に陥った。

出典[編集]

  1. ^ 現地に存在する五料関所説明版(玉村町教育委員会)昭和60年

関連項目[編集]