二本木かおり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二本木 かおり(にほんぎ かおり、1969年5月4日 - )は、日本の映画・音楽評論家。

経歴[編集]

千葉県出身。日出学園高等学校大阪芸術大学芸術学部音楽学科作曲コース卒業、大阪芸術大学大学院芸術文化研究科博士課程修了。芸術文化学博士。映像メディアと音との関連について主に研究・執筆。 現在、週刊金曜日きんようぶんか音楽欄連載中。 ギターとピアノのアコースティックユニット「Caorio」でも活動している。

共著書[編集]

  • 『サウンド派映画の聴き方』フィルムアート社
  • 『映画音楽200CD』立風書房
  • 『ユーロ・アニメーション』フィルムアート社
  • 『映画批評のリテラシー』フィルムアート社
  • 『ネオ俳優主義の見方1980-2000』フィルムアート社
  • 『映画クルー主義の楽しみ』フィルムアート社
  • 『21世紀/シネマX』フィルムアート社
  • 『現代映画ナビゲーター』フィルムアート社
  • 『ゴダールに気をつけろ!』フィルムアート社
  • 『芸術・思想家のラストメッセージ』フィルムアート社
  • 『ドキュメンタリー:リアルワールドへ踏み込む方法』フィルムアート社
  • 『ミシェル・ルグラン』愛育社
  • 『映画で覚えるクラシック名曲』学習研究社[1]

共訳書[編集]

  • 『映画の音楽』ミシェル・シオン著 みすず書房

連載[編集]

  • 『週刊金曜日』きんようぶんか音楽欄
  • 『ピアノスタイル』ピアノ弾きシネマ倶楽部(2008年4月号で終了)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ペンネームで参加しているとブログ「おととえと」に記してあるが、文章内容と他の執筆陣から見て、そのペンネームは「一柳徹」だと思われる。