二ツ山城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
二ツ山城
島根県
二ツ山城遠景
二ツ山城遠景
別名 出羽城
城郭構造 連郭式山城
天守構造 無し
築城主 富永朝祐
築城年 貞応2年(1223年)
主な城主 出羽氏出羽元倶
廃城年 天正19年(1591年)
遺構 土塁、空堀、竪堀
指定文化財 邑南町指定史跡[1]
位置
地図
二ツ山城の位置(島根県内)
二ツ山城
二ツ山城

二ツ山城(ふたつやまじょう)は、現在の島根県邑智郡邑南町鱒渕にあった日本の城石見国の中では益田市七尾城に次いで古い山城である。邑南町指定史跡[1]

概要[編集]

貞応2年(1223年)、富永朝祐によって築城。富永氏はやがて出羽姓を名乗り一大勢力を持ったが、正平16年(1357年)に高橋貞光による攻撃で城主出羽実祐は討死し落城した。高橋氏は二ツ山城向かいの山に本城を築き、そこを拠点としたので、二ツ山城は高橋支配時代には使われなかったと思われる。

享禄3年(1530年)に高橋氏が毛利元就によって亡ぼされると、二ツ山城は毛利氏の石見進出の拠点となった。

永禄元年(1558年)2月、吉川元春を大将とする毛利軍が、毛利方に付いた出羽元実福屋隆兼らを率いて[2]二ツ山城に着陣。別当城(邑南町)を拠点に対抗しようとした尼子氏方の軍勢(牛尾幸清本城常光小笠原長雄)を撃ち破っている(出羽表の戦い[2]又は石州出羽の戦い[3][4])。

永禄年間には毛利元就の子である元倶が出羽氏に養子に入った。この頃に城が再整備され城域も拡大し、現在に残る姿になったとされる。

天正19年(1591年)に出羽元実出雲国に移封となり廃城になった。

構造[編集]

標高530メートル、比高180メートルの二ツ山頂上を主郭とする典型的な連郭式山城で、「二ツ山」の名前の通り、城跡は本丸と西の丸の二つの高い曲輪を中心とした縄張りとなっている。現在の巨大な城域は、毛利元就によって永禄年間に築かれたものであり、石見国・出雲国への進出ルートとして整備された際に拡張されたものと思われる。城下の永明寺集落に居館があり、平時はそこで生活していたと推測される。また、城の南東にある南出城と呼ばれる部分が元々の二ツ山城であったとされる。

現在[編集]

山頂付近まで乗用車が通じる登山道があり、城跡は整備されている。2004年(平成16年)8月24日に町の史跡に指定された[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 邑南町にある文化財”. 邑南町 (2019年10月1日). 2020年11月9日閲覧。
  2. ^ a b 『歴史群像シリーズ9 毛利元就』1988年 学習研究社)
  3. ^ 二ッ山 - 邑南町の紹介:ひろしま観光ナビ(広島県観光連盟)
  4. ^ 別当城跡の説明板より※2004年(平成16年)11月 下和田集落

関連項目[編集]

外部リンク[編集]