七尾城 (石見国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
七尾城
島根県
七尾城太鼓檀
七尾城太鼓檀
別名 益田七尾城、益田城
城郭構造 連郭式山城
天守構造 なし
築城主 益田兼高
築城年 鎌倉時代
主な改修者 益田藤兼
主な城主 益田氏
廃城年 慶長5年(1600年
遺構 曲輪跡、堀切
指定文化財 国の史跡
位置 北緯34度40分19.1秒
東経131度51分49.6秒
地図
石見七尾城の位置(島根県内)
石見七尾城
石見七尾城
大手門跡(現在は医光寺総門)
水堀跡(現在は七尾公園の花菖蒲園)

七尾城(ななおじょう)は島根県益田市七尾町にあった日本の城。城跡は、同市三宅町にある三宅御土居跡とともに国の史跡益田氏城館跡」に指定されている。

概要[編集]

七尾城は、石見国国司として鎌倉時代建久年間)に益田荘を本拠とした益田氏の城。歴代の益田氏が居館とした三宅御土居など[1]の詰めの城として、標高約120mの七尾山に築かれた。山頂の本丸跡(標高約118m)からは益田平野から日本海までを一望できる。なお、三宅御土居跡とは、益田川を挟み870mの距離がある。

発掘調査により、大小40あまりの曲輪空堀土塁井戸跡などが発掘された[2]。さらに、戦国時代後期のものとされる礎石建物や遺物が多く出土しており、毛利元就と対立した頃には益田藤兼と家臣たちが居城とするなど、戦時のみに使われる城郭という従来の山城のイメージを塗り替えるものである[3][4]

歴史[編集]

築城時期は諸説あるが、通説では建久4年(1193年)に益田兼高が築城したとされる[5]。史料に登場するのは南北朝時代で、延元元年(1336年)に南朝方の三隅氏が「北尾崎木戸」(当時の大手口[6])を急襲したことが益田家文書に残る[5][7]

戦国時代後期、益田氏は陶氏と縁戚関係にあり、大寧寺の変でも陶隆房(後の陶晴賢)に協力していたが、その陶晴賢が天文24年(1555年)の厳島の戦いで毛利元就に敗れると、当時の益田氏当主・益田藤兼は毛利勢の攻撃に備えて城を大改修した[5]。この時、藤兼とその家臣たちは、三宅御土居を出て七尾城内に移住したとされる。その後、藤兼は元就の軍門に降って毛利氏の家臣となり、藤兼の子・益田元祥は三宅御土居に居館を戻した[8]

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いに敗れた毛利輝元周防国長門国の2ヶ国へ減封されると、益田元祥も毛利氏に従って長門須佐へと移り、七尾城は廃城となった。

廃城時に、城の大手門医光寺に移築されて総門としてなって現存しており、「医光寺総門」として昭和36年(1961年)に島根県の指定文化財とされた[6]

さらに、昭和40年代には三宅御土居跡と共に島根県の史跡として指定される[4]。そして、平成16年(2004年)、再び三宅御土居とセットで国の史跡「益田氏城館跡」となった。


脚注[編集]

  1. ^ その他、上久々茂土居(益田市久々茂町)や大谷土居(益田市大谷町)が益田氏代々の居館跡と推定され、時代と共に移転(益田川の上流から下流へ)してきたと考えられている。
  2. ^ 益田氏城館跡 - コトバンク
  3. ^ 住吉神社参道の案内板「益田氏と七尾城」 - 心に刻む益田十景〜七尾山、住吉神社と自然散策道〜(益田オンリーワンクラブ・益田市・益田観光協会)
  4. ^ a b 益田氏城館跡国史跡指定 - 益田歴史を活かしたまちづくりの会
  5. ^ a b c 歴史・文化 - 益田市
  6. ^ a b 医光寺の現地説明板「島根県指定文化財 医光寺総門」(益田市教育委員会)
  7. ^ 住吉神社参道の案内板「国指定史跡 益田城館跡 七尾城跡」(益田市教育委員会)
  8. ^ 益田氏城館跡「三宅御土居」 - 益田市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]