乾象暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

乾象暦(けんしょうれき)は中国暦の一つで、三国時代において黄武二年(223年)から末年の天紀三年(280年)までの58年間にわたって使用された太陰太陽暦暦法後漢末の劉洪(りゅうこう)が作った。呉の闞沢が『乾象暦注』を著して誤差を修正した。

19年7閏月章法を採用し、1太陽年365 145/589(≒365.2462[1])日、1朔望月29 773/1457(≒29.53054[2])日とする。

また、1近点月27 3303/5969(≒27.55336[3])日とする計算法を提出しており、乾象暦によって初めて近地点の移動や黄道白道の交点の逆行といったの遅疾についての知識がの計算に取り入れられた。のちの定朔法につながる第一歩となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]