四分暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

四分暦(しぶんれき)は、

  1. 中国暦のなかで太陽年の長さを365と4分の1日とする四分法にもとづく暦法のこと。古六暦・戦国四分暦・後漢四分暦などがこれに当たる。
  2. 中国暦の一つで、後漢・三国時代に施行されていた暦法。以下詳説する。

四分暦(しぶんれき)は、後漢章帝元和二年(85年)より施行された太陰太陽暦による暦法。他の四分暦と区別するとき、特に後漢四分暦(ごかんしぶんれき)といわれる。編訢(へんきん)や李梵によって編纂された。後漢では末年の延康元年(220年)までの136年間、三国時代では17年、では1年、では43年間、使用された。

19年7閏月章法を採用し、1太陽年365 1/4(=365.25)日、1朔望月29 499/940(≒29.53085[1])日とする。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]