乗阿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

乗阿(じょうあ、天文9年(1540年)- 元和5年7月19日1619年8月28日))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての時宗歌人。号は一華堂。甲斐国の出身で、甲斐国の武将武田信虎の猶子となる。

1547年(天文16年)駿河国長善寺の体光について学び、長善寺の住持を継いだという。その後上洛して連歌師の里村紹巴と交流し、また公家三条西公条三条西実澄から源氏物語伊勢物語古今和歌集などを学んだ。 1602年(慶長7年)最上義光の連歌師として山形に招かれる。後に京の七条道場金光寺に戻り1605年(慶長10年)には後陽成天皇に進講している。