久馬悠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久馬悠 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Haruka KYUMA
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走
所属 ダイハツ工業
大学 筑波大学体育専門学群[1]
生年月日 (1993-12-20) 1993年12月20日(25歳)
出身地 京都府綾部市
居住地 茨城県つくば市[1]
自己ベスト

3000m: 9分12秒91(2010年)[2]
5000m: 15分39秒87(2012年)[2]

10000m: 32分59秒64(2012年)[2]
編集 テンプレートのヘルプを表示する

久馬 悠(きゅうま はるか[3]1993年12月20日[2] - )は、京都府綾部市出身の陸上競技選手。専門は5000m10000m[1]一卵性双生児の姉であり、妹のと合わせて久馬姉妹と呼ばれている[3]

経歴[編集]

小学校時代に綾部市の駅伝大会に出場したのを、地元中学の陸上部顧問が見てスカウトされたことから、本格的に陸上競技を始めた[1]2008年綾部市立綾部中学校2年生で初めて姉妹同時に全国都道府県対抗女子駅伝競走大会京都府代表に抜擢される[4]。同年8月21日新潟スタジアム(東北電力ビッグスワンスタジアム)で行われた第35回全日本中学校陸上競技選手権大会女子1500mに出場、3位入賞を果たす[5]。この時、萌は優勝し、大会新記録を出している[5]2009年、中学3年の時に全国都道府県対抗女子駅伝競走大会で京都府代表として3区に出場、京都チームを2位に押し上げ、区間賞を獲得した[3]。綾部中卒業後は、陸上競技の強い立命館宇治高等学校には進学せず[3]京都府立綾部高等学校に進学した[6]

2010年カナダモンクトンで開かれた世界ジュニア陸上競技選手権大会3000mに出場する[1]。ここでアフリカ勢との力の差を感じる[6]

2012年に萌とともに筑波大学へ進学[6]。姉妹ともにアジアジュニア陸上競技選手権大会女子5000m日本代表に選ばれ、6月9日、同種目で優勝する[7]。この時の記録16分07秒74は大会記録を更新した[7]。同年の全日本大学女子駅伝対校選手権大会(杜の都駅伝)では筑波大学代表として3区に出場、妹の萌から5位で受け取ったたすきを3位まで上げ、9年ぶりに筑波大がシード圏内に入る原動力となった[1]

2016年に筑波大学を卒業し、萌とともにダイハツに入社した。

萌との関係[編集]

筑波大学に進学後、つくば市内で姉妹で同じ部屋に住んでいる[1]。姉妹そろって家事を行い、私服も共有する仲である[1]。高校3年生の時(2011年)には、姉妹ともにスランプに陥り、最後の高校総体では2人とも決勝に進むことができなかった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 市原ひかり (2013年2月19日). “陸上競技部 久馬悠(体育1)久馬萌(体育1)「ライバルはいつも隣に」” (日本語). つくばスポーツ. 2013年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月22日閲覧。
  2. ^ a b c d "Profile of Haruka KYUMA"All-Athletics.com(英語、2013年8月22日閲覧。)
  3. ^ a b c d 京都5連覇!“スーパー双子”久馬姉妹が快走 駅伝” (日本語). スポニチ大阪 (2009年1月12日). 2013年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月22日閲覧。
  4. ^ 久馬 悠選手(14) 綾部中2年” (日本語). 京都新聞 (2008年1月8日). 2013年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月22日閲覧。
  5. ^ a b 全日本中学陸上 久馬萌さん 大会新で1500メートル“金”悠さんも堂々の“銅”” (日本語). あやべ市民新聞 (2008年8月22日). 2013年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月22日閲覧。
  6. ^ a b c 連覇へ 京都チームの顔ぶれ(3)” (日本語). 京都新聞 (2012年1月13日). 2013年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月22日閲覧。
  7. ^ a b 久馬悠優勝!久馬萌2位/陸上” (日本語). ニッカンスポーツ (2012年6月10日). 2013年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]