丸山龍也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丸山 龍也 Football pictogram.svg
名前
愛称 マル、リュウヤ
カタカナ マルヤマリュウヤ
ラテン文字 MARUYAMA RYUYA
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-07-04) 1992年7月4日(26歳)
出身地 神奈川県横浜市
身長 174cm
体重 68kg
選手情報
ポジション FWMFDF
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

丸山 龍也(まるやま りゅうや、1992年7月4日 - )は、神奈川県横浜市都筑区出身の元サッカー選手。ポジションはFWMFDF

来歴[編集]

7歳の時に横浜市にある横浜港北SCでサッカーを始める。中学卒業後に神奈川県立横浜翠嵐高等学校の定時制課程へ入学し、高体連やクラブユースなど一般的な高校生が所属するクラブには属さず、午前中に社会人チームで練習して午後から通学という生活でプロサッカー選手への道を模索。その後、アルバイトでベトナムなど国内外でトライアウトを受け、高校卒業と同時に岩手県からJリーグ入りを目指していたアンソメット岩手・八幡平と契約。

しかし、2011年冬に左膝の前十字靱帯内側側副靭帯を断裂。2度の再建手術とリハビリを経て復帰したが、復帰直後に再び前十字靭帯の同箇所を断裂し、結果として3回もの手術・入院を行うこととなり、2年間の長期離脱となった。このリハビリ期間中に東北社会人サッカーリーグラインメール青森へ移籍を行ったが、出場記録はなかった。

2013年冬には、プロ契約を目指しタイでトライアウトを受け、複数チームから契約の話も持ち上がったが[1]、その後2014年スリランカ・チャンピオンズリーグニューヤングスFCと契約[2]

シーズン終了後、ヨーロッパにプレー機会を求め渡欧し、2015年リトアニアLFF Iリーガリトアニア語版FKタウラス・タウラゲへ移籍[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

エピソード[編集]

2011年8月には天皇杯全日本サッカー選手権大会の予選にあたる岩手県サッカー選手権大会決勝でグルージャ盛岡と対戦したが、3人目の交代選手として出場した約1分後に危険行為により一発退場。既に10人での戦いを強いられてたアンソメットは9人となり敗れ、天皇杯本戦出場も逃した[4]

渡欧中にセルビアで出会った代理人に詐欺を仕掛けられ、所持金を全て失ったことをブログで告白し話題になった。

2015年、宇都宮徹壱メールマガジン「徹マガ」アンバサダーとして就任[5]。同年、慶應義塾大学法学部を中退[6]

2018年、テレビ朝日系列「激レアさんを連れてきた。」出演時に、メインキャストのオードリー若林正恭が「良い人生」「マルちゃんのファンになった」と絶賛した[7]

出演[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]