丸屋甚八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

丸屋 甚八(まるや じんぱち)は江戸時代から明治時代にかけての地本問屋

来歴[編集]

円寿堂、丸甚と号す。宝暦から明治にかけて通油町、後に芝三島町久兵衛店、また大伝馬2丁目東横町、芝神明前で営業している。中後期を代表する大版元であった。鈴木春信喜多川歌麿歌川豊国歌川広重歌川国貞歌川芳員菊川英山渓斎英泉月岡芳年らの錦絵などを出版している。

作品[編集]

  • 鈴木春信 『吉原美人合』 合版
  • 喜多川歌麿 『当時遊君生写』 大判 錦絵揃物 寛政末期
  • 歌川豊国 『役者十二つき』 大判3枚続 錦絵揃物 文化6年
  • 歌川豊国 『初夢』
  • 歌川広重 『名所雪月花』 横大判 錦絵揃物 弘化
  • 歌川広重 『花鳥画』
  • 歌川広重『隅田川雪中図』
  • 歌川広重『江戸名所三ツの眺』
  • 歌川国貞 『名筆浮世絵かかみ』
  • 歌川芳員 『異人屋敷料理之図』
  • 月岡芳年 『高縄銕道之図』 明治4年
  • 菊川英山 『風流発句五節句』
  • 渓斎英泉 『江戸名所仇競』

参考文献[編集]