遠藤松五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

遠藤 松五郎(えんどう まつごろう、生没年不詳)は江戸時代浮世絵版画彫師

来歴[編集]

明和年間に神田紺屋町に住んでいた。鈴木春信一筆斎文調勝川春章絵本の彫りを担当している。

作品[編集]

  • 鈴木春信 『絵本さゞれ石』 明和3年(1766年) ※「東都彫工 遠藤松五郎」とある
  • 鈴木春信 『絵本青楼美人合』 明和7年(1770年) ※「剞劂氏 遠藤松五郎」とある
  • 一筆斎文調・勝川春章 『絵本舞台扇』 明和7年 ※「神田紺屋町 彫工 遠藤松五郎」とある
  • 鈴木春信 『絵本春乃錦』 明和8年(1771年) ※「彫工 遠藤松五郎」とある

参考文献[編集]