中西美智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
アジア選手権
1981 ジャカルタ 56kg級

中西 美智子(なかにし みちこ)は宮城県出身の日本柔道家。現役時代は56kg級の選手[1]。旧姓は西篠美智子。夫は71kg級の元世界チャンピオンの中西英敏[2]

人物[編集]

1977年に東海大学へ進学すると、女性としては初めてとなる同大学の柔道部員となった[2]。3年の時には体重別選手権の57kg級で3位に入った[3]強化選手選考会の55kg級では決勝で接骨院勤務の速水頼子を破って優勝した[4]。4年の時には強化選手選考会56kg級の決勝で日本電気の永井多恵子に敗れて2位だった[4]

1981年には東海大学の職員になると、体重別選手権の決勝で永井を破って優勝した[1][3]。1983年の強化選手選考会では決勝で池島接骨院の池島一十衣を破って、今大会2度目の優勝を飾った[4]。体重別選手権では3位だった。その後、国際武道大学の職員になると、大学で同期だった71kg級の世界チャンピオンである中西英敏と結婚して中西姓となった[1][2][3]。1985年の強化選手選考会では3位だったが、体重別選手権では決勝で北海道女子短大1年の渡部五月を破って、今大会2度目の優勝を飾った[3][4]

引退後は松前柔道塾などで指導者となった。その後は直心館中西道場の代表を務めている[5]

主な戦績[編集]

56kg級での戦績

(出典[1])。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「激動の昭和スポーツ史⑯ 柔道 青葉号」 ベースボールマガジン社、1989年発行 95頁
  2. ^ a b c 佐藤宣践先生退職記念集「力必達」
  3. ^ a b c d 体重別選手権
  4. ^ a b c d 強化選手選考会
  5. ^ 東海大学 望星学塾

著書[編集]

  • [少年柔道 基本げいこ―道場で習うけいこ・技術のすべてがわかる! (ジュニアスポーツ)] (共著) 大泉書店 2009年 ISBN 4278046987

外部リンク[編集]