中田乙一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中田 乙一(なかた おとかず、1910年8月29日 - 1999年12月28日)は、日本実業家。元三菱地所社長。

経歴[編集]

北海道小樽市出身。庁立小樽商業学校を経て、1932年に小樽高等商業学校(現小樽商科大学)卒業。大蔵省勤務を経て、1939年三菱地所に転じる。総務部長・取締役・常務・副社長などを経て、1969年に社長に就任。在任中は、数多くのニュータウン事業を手がけた他、横浜市の「みなとみらい21」構想を策定するなど、宅地開発・都市再開発事業を積極に推し進め、それまで東京丸の内の貸ビル事業が主体であった同社を、総合デベロッパーとして発展させる基を築いた。1980年会長、1986年取締役相談役。サンシャインシティ会長、新宿西戸山開発社長などもつとめた。1974年藍綬褒章、1981年勲二等旭日重光章

参考文献[編集]

  • 『経済界』2010年5月25日号「45周年記念特別連載企画 - 本誌秘蔵フィルムで綴る20世紀の偉人列伝(25)中田乙一」
  • 「講談社日本人名大事典」、講談社、2001年


先代:
渡辺武次郎
三菱地所社長
第2代: 1969年 - 1980年
次代:
伊藤達二
先代:
進藤孝二
緑丘会理事長
第5代:1973年 - 1982年
次代:
八木勇平