伊藤達二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 達二(いとう たつじ、1916年2月28日 - 2000年12月11日)は日本の実業家。元三菱地所社長。

人物[編集]

神田生まれ。旧制東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、三菱合資会社入社。大学の同期に水上達三(のちに三井物産社長)がいる。1953年三菱地所に転籍し、主に営業畑を歩む。

三菱地所副社長等を経て、1980年三菱地所社長就任。従来のオフィスビル事業、住宅事業に加え、新たに大型商業施設事業に参入。また三菱重工業横浜造船所跡地を取得し、横浜みなとみらい21の開発を行った[1]。1987年取締役相談役。

2000年12月11日、神奈川県鎌倉市の病院で死去、享年84。

脚注[編集]

  1. ^ 2001/01/05, 日本経済新聞


先代:
中田乙一
三菱地所社長
第3代: 1980年 - 1987年
次代:
髙木丈太郎