八木勇平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八木 勇平(やぎ ゆうへい、1912年3月31日 - 2001年1月4日)は、日本実業家東急建設社長や、世紀東急工業会長、静岡県人会会長などを務めた。

人物・経歴[編集]

静岡県小笠郡出身。1933年小樽高等商業学校(現小樽商科大学)卒業。1973年東急建設取締役社長。1978年東急工建取締役会長、東急不動産取締役。1979年東京急行電鉄監査役。1982年世紀東急工業取締役会長。静岡県人会会長なども歴任した[1][2]

著書[編集]

  • 『私の記録 : 八木勇平』東急エージェンシー出版事業部 1988年
  • 『私の記録 : 追補』東急エージェンシー出版事業部 1992年

脚注[編集]

  1. ^ 2014/08/01掲載 静岡県人会 歴代会長紹介(戦後)静岡県人会
  2. ^ 于清高; 华珏 (1982). 现代日本名人录. 时事出版社. p. 7. http://books.google.com/books?id=kr_TAAAAMAAJ. 


先代:
馬淵寅雄
東急建設社長
1973年 - 1985年
次代:
柳田盈文
先代:
中田乙一
緑丘会理事長
1982年 - 1989年
次代:
野口正二郎