渡辺武次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 武次郎(わたなべ たけじろう、1894年10月20日 - 1997年12月4日)は日本実業家三菱地所の社長や会長を22年間務め、三菱地所中興の祖と呼ばれた[1]勲一等瑞宝章受章。

人物[編集]

岡山県矢掛町出身。1918年東京高等商業学校(のちの一橋大学)を卒業し、三菱合資会社入社。1937年三菱地所に転籍し、経理部長、取締役、常任監査役等を務めた。1952年から1969年まで三菱地所社長、1969年から1974年まで三菱地所会長。財閥解体で分離されていた丸の内の土地・建物を一体化し、1959年には「丸ノ内総合改造計画」を策定し丸の内の再開発を進めた[2]。また1964年から日本ビルヂング協会連合会会長を務めたほか、日本ハワイ経済協議会代表世話人、在日西サモア名誉総領事等も務めた。1973年勲一等瑞宝章受章。矢掛町名誉町民。

1974年から1988年まで三菱地所取締役相談役、1988年から1997年まで同社相談役。会長退任後も、三菱地所中興の祖として実質的な人事権を握っていたとされる[3]

1997年12月4日肺炎のため東京都新宿区の病院で死去。103歳没。築地本願寺本堂で社葬がおこなわれた。

略歴[編集]

  • 1894年 出生
  • 1918年 東京高等商業学校(のちの一橋大学)卒業、三菱合資会社入社
  • 1952年 - 1969年 三菱地所社長
  • 1969年 - 1974年 三菱地所会長
  • 1974年 - 1988年 三菱地所取締役相談役
  • 1988年 - 1997年 三菱地所相談役
  • 1997年 死去

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1997/12/05, 日経産業新聞
  2. ^ 1997/12/05, 日本経済新聞、1997/12/05, 日経産業新聞
  3. ^ 1997/12/05, 日経産業新聞


先代:
(初代)
三菱地所社長
初代: 1952年 - 1969年
次代:
中田乙一