中村冬夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 冬夫
ふりがな なかむらふゆお
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1948年????
出身地 日本の旗 日本 東京都
言語 日本語
作品 『鎌倉、歩きたくなる小路』(共著、2004年)
『鎌倉、めぐりあいたい風景』(2007年)
公式サイト http://blog.livedoor.jp/nakamura_fuyuo/
テンプレートを表示

中村 冬夫(なかむら ふゆお、1948年-)は、日本写真家井上陽水の専属カメラマンとして抜擢され、『氷の世界』がデビュー作となる[1]


人物[編集]

1948年生まれ。東京都久が原町に育つ。メディアに務めていた祖父の影響で、幼少期より写真に興味を持つ。大学生時代には、全共闘運動に共感、「べ平連」に参加しデモを撮影。カメラ戦いを撮るというスタンスを維持。美術家今田尚美[1]。住居のある鎌倉や藤沢の景色を撮り続けている[2]魚釣り農業居酒屋巡りなどを趣味とする[1]

人物・経歴[編集]

  • 1948年生まれ。東京都久が原町に育つ[1]
  • 2004年、「鎌倉、歩きたくなる小路」(共著)を、2007年には「鎌倉、めぐりあいたい風景」を出版[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 中村 冬夫公式ブログ”. 2021年4月12日閲覧。
  2. ^ a b カナコロ - 湘南の景色を30年撮影、中村冬夫さんが写真展開催へ/神奈川”. 2021年4月12日閲覧。

外部リンク[編集]