中川佐和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中川 佐和子(なかがわ さわこ、1954年11月5日 - )は、歌人兵庫県西宮市出身。神奈川県横浜市在住。「未来」選者・編集委員、NHK学園短歌講座専任講師、横浜歌人会会員、神奈川県歌人会会員。

早稲田大学第一文学部日本文学科卒業。20代半ばの頃に河野愛子の歌と出会い、1984年に「未来」に入会、河野愛子に師事。河野没後は大島史洋選歌欄に投歌。天安門事件を題材とした歌で、1989年朝日歌壇賞受賞。1992年、「夏木立」50首で第38回角川短歌賞受賞。2000年、評論集「河野愛子論」で第10回河野愛子賞受賞。2014年、第五歌集『春の野に鏡を置けば』で第22回ながらみ書房出版賞受賞。同年10月より、歌誌「未来」選者に就任。

著書[編集]

歌集[編集]

選集[編集]

評論集・入門書など[編集]

  • 河野愛子論-死の思索性、エロスの思想性 評論 砂子屋書房 (1999年)
  • 30日のドリル式 初心者にやさしい短歌の練習帳(2016年)ISBN 978-4262145488

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]