世界鉄道研究会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

世界鉄道研究会議(せかいてつどうけんきゅうかいぎ)は、世界各国の鉄道技術者が参加してその研究に関する成果を発表する、鉄道に関するものとしては世界最大の国際会議である。英語のWorld Congress on Railway Researchが正式名称であり、その略からWCRRと通称されている。

概要[編集]

1992年10月に、鉄道総研の創立5周年記念行事として、東京・新宿で「鉄道総研国際講演会 - 世界の鉄道における現状と将来」と題する国際セミナーが開催された。イギリス・フランス・アメリカなど、この時の参加国による意見交換をきっかけとして、各国で持ち回りで鉄道研究に関する国際会議を開催することが決定、WCRRの組織委員会が結成され、1994年11月のフランスを皮切りに、数年おきに開催されている。

会議のプログラムは、各国の研究者による学術論文の発表をはじめ、パネルディスカッション・講演・鉄道関係企業やメーカーのブースが並ぶ展示会などで構成されている。特定の分野に限定せず、鉄道関係の研究全体を対象にした国際会議であることが大きな特徴となっている。日本からは、鉄道総研の研究者やJR各社の技術開発部門の社員が参加し、発表を行っている。

WCRR開催履歴
開催地 開催期間 テーマ 参加者数 ウェブサイト
第1回 フランスパリ 1994年11月14日 - 11月16日 Establishing a railway research & development strategy to respond to management, customer needs and the environment 33カ国1,000人
第2回 アメリカコロラドスプリングス 1996年6月17日 - 6月19日 Freight, traffic and track 37カ国470人
第3回 イタリアフィレンツェ 1997年11月16日 - 11月19日 Halving costs, doubling punctuality and remaining environmentally friendly 37カ国1,562人
第4回 日本東京 1999年10月19日 - 10月23日 New technologies create new opportunities for railways and society in the 21st century 32カ国737人 [1]
第5回 ドイツケルン 2001年11月25日 - 11月29日 Market, Products & Technology 32カ国1,050人
第6回 イギリスエディンバラ 2003年9月28日 - 10月1日 From Birth to Renaissance 39カ国700人
第7回 カナダモントリオール 2006年6月4日 - 6月8日 Progressing Together 41カ国860人 [2]
第8回 韓国ソウル 2008年5月18日 - 5月22日 Towards a Global Railway  ?カ国800人 [3]
第9回 フランスリール 2011年5月22日 - 5月26日 Meeting the challenges for future mobility 35カ国800人 [4]
第10回 オーストラリアシドニー 2013年11月25日 - 11月28日 Keeping ahead of the curve through the sharing of knowledge [5]
第11回 イタリアミラノ 2016年

主催機関[編集]

韓国鉄道公社は途中からの参加である。各回の会議を中心となってホストする組織は毎回決められている。

参考文献[編集]