不耕起栽培

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
不耕起栽培で栽培されるテンサイ(甜菜)

不耕起栽培(ふこうきさいばい、英語:Nontillage cultivation, No-till farming)とは、農地を耕さないで作物を栽培する、作物の栽培方法の一つ。

概要[編集]

1943年、アメリカ人のエドワード・フォークナーは『農夫の愚行』(Plowman's Folly)を著した。その中で、慣例的に農業において基本的な行為と長く考えられてきた耕起土壌を破壊するだけで何の益もない行為であり、有機物表土に混ぜ込むだけで肥沃な土壌は維持できると主張した[1]

また、ランド研究所ウェス・ジャクソンは、土を耕すことは生態学的な災厄であると主張し、耕起を基礎とした農業は持続可能性が証明されていないことを指摘した[2]

こうした研究や除草剤耐性遺伝子組み換え作物の開発や有機農法の手法の確立とともに、完全な不耕起栽培や、保全耕転と呼ばれる土壌の表面のうち少なくとも30パーセントを作物の残渣で覆っておく緩やかな手法が北米の農家の間で急速に広まっている。1960年代には北米の耕地のほとんどは耕起されていたがカナダでは1991年には33パーセント、2001年には60パーセントの農場が不耕起栽培もしくは保全耕転を採用している。アメリカでは2004年に保全耕転が全農地の41パーセント、不耕起栽培が23パーセントで実施されている[3]。しかし、地球全体の農地のうち不耕起栽培が行われているのは5パーセントほどに過ぎない。

メリット[編集]

  • 耕さないことによる省力化が可能である。
  • 土中に根穴構造が残り、根圏が酸化的に残る。畑では排水性も保水性もよくなり、干ばつにも長雨にも強くなる[要出典]
  • 未耕起の土を根が突破り、稲に生じる植物ホルモン的な作用が活力高い太い根を作り、茎を太くする[要出典]
  • 前作の作物残渣を地表に放置できることになり、その結果、それらが土壌のマルチとなって風雨による土壌流出を緩和できる

米国でより広く使われるようになってきており、2010年には米国の60パーセントの農地が不耕起栽培になると予想されている[4]。 海外の畑作での不耕起栽培と日本の無農薬稲作・畑作における不耕起栽培を混同されやすいが、仕組みは全く異なる。

デメリット[編集]

  • 病気によっては耕さないことで蔓延しやすいものがある。ただし、逆の例もあるので一概には言えない。
  • 前作の残渣を地中にすきこまないことにより、土壌養分が表層に集中しやすく、そのために根が表層に集中しやすい。ただし、作物の根系によって影響の度合いは異なり主根型根系[注釈 1]をもつものは、ひげ根型根系[注釈 2]をもつものよりも影響を受けやすいという[5]。これにより旱魃に弱い面もあるとされる。

実現手法[編集]

遺伝子組み換え作物による不耕起栽培[編集]

非選択性除草剤とそれに耐性な作物が利用されている。その例をあげると、現在、北米や南米諸国では、ラウンドアップなどの非選択性除草剤とその除草剤耐性の遺伝子組み換え作物を利用した不耕起栽培が大規模に導入されている。その結果、それらの諸国において深刻な環境破壊になっている土壌流出が緩和されているため、非選択性除草剤とその除草剤耐性作物の利用は環境保全に役立つとともに永続的な農業生産に貢献している、という意見がある[6]

無農薬栽培による不耕起栽培[編集]

千葉県岩澤信夫が提唱する不耕起移植栽培である。水田で行われているこの農法は、耕さないことがきっかけとなって、田んぼの生態環境がよみがえり、それらの生物による作用で土壌の肥沃化がもたらされるものである。環境保全の発想で組み立てられたものであり、化学肥料除草剤殺虫剤等の農薬を全く使わない生物との共生環境を利用した循環型の農法である。現在の段階では水田のみ有効な手法である。

課題[編集]

耕耘(こううん)には、雑草の種子を土壌深部に移動させたり、雑草の根系を破壊することにより除草効果がある。不耕起によりこれらの効果が失われるため、それを補う必要がある。ただし逆の考え方として、耕耘するからこそ雑草の種子を土壌表面に移動させるということもある。しかし最も困難なことは、そもそも農地を耕さないことに対する農業者の葛藤である。

注釈[編集]

  1. ^ 太い主根とそこから分岐する側根がはっきりと区別できるもの。一般に双子葉植物が該当する
  2. ^ 同じような太さの根が多数出ており、主根と側根の区別出来ない。イネ科ヤシ科ユリ科などの単子葉植物が該当する

出典[編集]

  1. ^ モントゴメリー 2010, pp. 278-281.
  2. ^ モントゴメリー 2010, pp. 282-284.
  3. ^ モントゴメリー 2010, pp. 290-293.
  4. ^ Brady and Weil, 2002
  5. ^ 森田茂紀(編)(2003)根のデザイン―根が作る食糧と環境―. 養賢堂, 東京.
  6. ^ 有井彩・山根精一郎(2006)除草剤耐性遺伝子組換え作物の普及と問題点. 雑草研究 51 (4).

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]