下顎第一大臼歯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

下顎第一大臼歯(かがくだいいちだいきゅうし、Mandibular first molar)は下顎第二小臼歯の遠心にある大臼歯。近心側隣接歯は下顎第二小臼歯、遠心側隣接歯は下顎第二大臼歯、対合歯は上顎第二小臼歯上顎第一大臼歯である。

下顎第一大臼歯の歯の機能は他の臼歯と同様、咀嚼中に粉砕することである。通常五咬頭で、二つは頬側、二つは舌側、残りの一つは遠心側に有る。下顎乳臼歯と機能は似ているが、形態は大きく異なる。また、大臼歯より前の全ての歯と異なっている。

出生時付近に石灰化を開始し、歯冠の完成は2.5~3歳頃、6~7歳で口腔に萌出し、9~10歳頃に歯根が完成する[1]

日本では一般的に、左側を左下6番(表記は┌の中に6を入れた物)、右側を右下6番(表記は┐の中に6を入れた物)と呼ぶが、この他、左側を19、右側を30とする表記法や、左側を36、右側を46とする表記法も国際的に知られる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 本川ら, p.53

参考文献[編集]

  • 本川渉久芳陽一「第4章 歯の発育」『新小児歯科学』下岡正八五十嵐清治内村登木村光孝鈴木康生大東道治本川渉渡部茂クインテッセンス出版東京都文京区、2004年3月25日、第1版第5刷、51-78頁。ISBN 4-87417-501-5

関連項目[編集]