上野敬三 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上野 敬三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県
生年月日 (1961-06-28) 1961年6月28日(57歳)
身長
体重
180 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1979年 ドラフト4位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

上野 敬三(うえの けいぞう、1961年6月28日 - )は、読売ジャイアンツに所属した元プロ野球選手(内野手)である。

来歴・人物[編集]

和歌山県出身。和歌山県立箕島高等学校では、遊撃手として活躍。高校2年であった1978年第60回全国高等学校野球選手権大会3回戦の中京戦では先発投手も務めた。7回まで4-2とリードするも、8回表に栗岡英智に逆転3ラン本塁打を浴び敗戦投手となった。高校3年は、春夏ともに甲子園大会に出場、5番・遊撃手として春夏連覇を果たした。3回戦の対星稜戦では、4回裏にヒットエンドラン、そして延長18回裏にサヨナラタイムリーを打ち[1]、後の箕島の優勝に大きく貢献した。

1979年のドラフト会議巨人から4位指名を受けた。しかし、同じドラフトで3位指名を受けた岡崎郁を始め、層の厚い巨人内野陣の前に全く歯が立たず、入団から2年後の1981年オフに巨人を退団。そのまま現役引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 49 (1980年)
  • 55 (1981年)

出典[編集]

関連項目[編集]