三陸鉄道36-R形気動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三陸鉄道36-R形気動車
三陸鉄道36-R形 (R2)
三陸鉄道36-R形 (R2)
基本情報
製造所 新潟トランシス
主要諸元
軌間 1067 mm
最高速度 95 km/h
車両定員 113人(R1・R2、座席48人・立席65人)
111人(R3、座席48人・立席63人)
自重 33.0t(R1・R2)
34.5t (R3)
車体長 20500 mm
車体幅 2928 mm
車体高 3982.4(R1・R2)mm
4042 (R3) mm
台車 NF-01CD・NF-01CT(R1・R2)
NF-01ND・NF-01NT (R3)
機関出力 330PS (DMF13HZ)
変速段 TACN-22-1613(変速1段・直結2段自動切替)
制動装置 電気指令式空気ブレーキ
保安装置 ATS-Ps
テンプレートを表示
さんりくしおさい八戸号として八戸駅へ直通運転した時の様子

三陸鉄道36-R形気動車(さんりくてつどうさんりくRがたきどうしゃ)は、三陸鉄道に所属する気動車である。2005年(平成17年)3月13日に営業運転を開始した。

概要[編集]

2004年(平成16年)に36-400形2両が廃車となり、その後継車両として2005年(平成17年)2月に新潟トランシス36-600形として1両製造された。36-300形・36-400形と同様に、昭和初期の時代をイメージした作りとなっている。その後、2006年(平成18年)3月にも1両が製造され36-600形は2両となった。愛称は「さんりくしおさい」。

2014年(平成26年)2月から3月にかけて、36-600形はブレーキ装置を自動空気ブレーキから電気指令式空気ブレーキに変更し36-R形に形式変更。これにより36-100形・200形とは連結できなくなった。また同年3月に外観が紫色基調となった「36-R3」1両が南リアス線用の新レトロ調車両として製造され、同年4月より営業運転に投入された[1]。これにより36-R形は3両となり、36-600形は形式消滅した。

2017年現在、R1・R2は北リアス線に配置、定期列車でも使用されている。R3は南リアス線に配置され、団体貸切や企画列車に使用されている。36-Z1形36-700形と連結して運行されることもある。

車両データ[編集]

  • 最大長 - 20,500mm(連結面間)
  • 最大高 - 3,982.4mm(R1・R2)、4,042mm (R3)
  • 最大幅 - 2,928mm
  • 自重 - 33.0t(R1・R2)、34.5t (R3)
  • 定員 - 113人(R1・R2、座席48人・立席65人)、111人(R3、座席48人・立席63人)
  • 機関 - DMF13HZ (330PS)
  • ブレーキ装置 - 電気指令式空気ブレーキ
  • 台車 - NF-01CD・NF-01CT(R1・R2)、NF-01ND・NF-01NT (R3)
  • 変速機 - TACN-22-1613(変速1段・直結2段自動切替)
  • 最高速度 - 95km/h

車両構造[編集]

内装は木目の壁と床、照明にはシャンデリアと壁灯が使用されている。移動制約者にも対応するため、車椅子対応のトイレや乗降用スロープが設置され、駅名等のLED表示器による視覚表示やドアの開閉時にドアチャイム鳴動等の設備が施されている。また、車椅子用のスペースが1台分あり、団体列車としても利用できるようにR1・R2にはカラオケ装置及びモニタ、ビデオデッキDVDプレーヤー冷蔵庫等を備えている。なおR3は、同時に製造された36-Z1形に外観の特徴が似ている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]