三重県道61号磯部大王線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主要地方道
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
三重県道61号標識
三重県道61号磯部大王線
三重県道727号国府磯部線・
三重県道425号的矢大王線

(旧称)
地図
Mie Prefectural route 61 Isobe-Daio Line.png
路線延長 19.288km
陸上区間 19.288km
海上区間 指定なし
制定年 1994年平成6年)
開通年 古代
起点 三重県志摩市磯部町
終点 三重県志摩市大王町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0167.svg国道167号
Japanese National Route Sign 0260.svg国道260号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
沿線風景
(志摩市阿児町)
起点(2011年1月撮影)

三重県道61号磯部大王線(みえけんどう61ごう いそべだいおうせん)は、三重県志摩市を通る主要地方道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

  • 起点:志摩市磯部町恵利原字宮地1060番1地先[1]伊勢道路入口交差点)
  • 終点:志摩市大王町波切字小成滝3138番5地先[2](成滝交差点)
  • 総延長:19.288km

路線状況[編集]

重複区間[編集]

利用状況[編集]

交通量[3][4]

地点 平日12時間 平日24時間
2005年度2010年度 2005年度2010年度
志摩市磯部町迫間 10,403台⇒6,428台 14,044台⇒8,421台
志摩市磯部町坂崎 5,569台⇒5,270台 7,240台⇒6,904台
志摩市阿児町甲賀 1,693台⇒1,876台 2,201台⇒2,458台

沿革[編集]

古代には既に、志摩国府(志摩市阿児町国府にあった)に至る道として開かれ、1893年(明治26年)には「上島道」の名で三重県道に指定された[5]

  • 1959年昭和34年)1月25日 - 「三重県道727号国府磯部線」および「三重県道425号的矢大王線」として三重県道に認定[6]
  • 1993年度(平成5年度) - 志摩スペイン村のオープンに先立ち、磯部町穴川 - 坂崎間を改修。
  • 1994年(平成6年)4月1日 - 主要地方道に変更。三重県道727号国府磯部線と三重県道425号的矢大王線を廃止し[7]、「三重県道61号磯部大王線」を新たに指定する[8]。 

地理[編集]

伊雑ノ浦太平洋といった海岸沿いを走る。磯部町から阿児町の区間の多くは磯部大王自転車道と重複している。

通過する自治体[編集]

接続する主な路線[編集]

主な道路構造物[編集]

Ikeda Bridge in Shima City.jpg

池田橋(いけだばし)
二級水系磯部川水系の二級河川池田川に架かる橋。志摩市磯部町穴川にある。全長60.6m。1933年(昭和8年)架橋、2007年平成19年)に架け替え。架け替えにより、幅員が広げられた。1960年代には、志摩郡(現・志摩市)で最長の橋であった[9]

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三重県『三重県公報 平成12年10月6日 第1205号』18p.
  2. ^ 三重県県土整備部高速道・道路企画室."三重県の道路/県管理道路一覧"(2010年7月8日閲覧。)
  3. ^ 志摩市『志摩市生活交通計画』(平成22年3月.57pp.)11ページより
  4. ^ 国土交通省"平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表"(2012年9月5日閲覧。)
  5. ^ 大王町史編さん委員会 編(1994):514ページ
  6. ^ 三重県"三重県告示 第17号の2"昭和34年1月25日
  7. ^ 三重県"三重県告示 第180号"平成6年4月1日
  8. ^ 三重県"三重県告示 第179号"平成6年4月1日
  9. ^ 磯部郷土史刊行会 編(1963):4ページ

参考文献[編集]

  • 磯部郷土史刊行会 編『磯部郷土史』磯部郷土史刊行会、昭和38年5月10日、506p.
  • 大王町史編さん委員会 編『大王町史』大王町、平成6年8月1日、1184pp.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]