三角筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三角筋
Deltoideus.png
ラテン語 Musculus deltoideus
英語 Deltoid muscle
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
肩甲棘、肩峰、鎖骨の外側部の1/3
上腕骨外側面(三角筋粗面)
腋窩神経(C5、C6)
作用 の外転、屈曲、伸展
テンプレートを表示
骨格筋 > 体肢筋 > 上肢の筋 > 上肢帯筋 > 三角筋

三角筋(さんかくきん)は人間の上肢の筋。

三角筋の肩甲棘部は肩甲棘から、肩峰部は肩峰から、鎖骨部は鎖骨の外側部の1/3からそれぞれ起始し肩関節を覆う様に外下方へと走り上腕骨三角筋粗面に停止する。運動は肩関節を支点にして肩甲棘部が上腕を伸展・内転・外旋させ、肩峰部が上腕を外転させ、鎖骨部が上腕を屈曲・内転・内旋させる。支配神経は腕神経叢腋窩神経レベルがC(4)・5・6である。

三角筋の筋力トレーニング[編集]

「投げる」ことに関係の深い筋肉であり、投擲系のスポーツでは特に重要視される。ボディビルなどでもこの筋肉の発達が不十分だと幅が狭くなり、が相対的に大きくなって格好悪くなるのでトレーニングを必要とする。腕立て伏せベンチプレスなどを行なうことでも充分に鍛えられる筋肉だが、専門的な筋力トレーニングを必要とするのであればフロント・レイズサイド・レイズなどのレイズ系の種目、もしくはショルダー・プレスなどが有効。

参考文献[編集]

関連項目[編集]